クオリファイングトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クオリファイングトーナメント(Qualifying Tournament、略称QT)は、一般にプロゴルフツアーにおいてツアー本戦へのシード権を持たないプロゴルファーが、シード権を得るために参加する予選会のこと。

ツアーによってはクオリファイングスクール(Qualifying school、略称Q-School)の名称も使用される。

概要[編集]

PGAツアー[編集]

PGAツアーでは正式名称としてPGAツアー・クオリファイングトーナメントとされており、略称でQスクールとも呼ばれている。例年11月から12月にかけての最終予選会で上位25位までに入れば翌年のPGAツアーの出場資格が与えられる。

欧州PGAツアー[編集]

欧州PGAツアーでは3つのステージに分かれているが、第二・最終予選会はともにスペインで開催され、最終ステージの上位30名が翌シーズンの欧州ツアーの出場資格が与えられる。

LPGA[編集]

全米女子プロゴルフ協会(LPGA)では2つのステージがあり、第二次予選会はカリフォルニア州とフロリダ州の2会場で行われる。最終予選会はフロリダ州デイトナビーチで5ラウンド行う。上位40名が翌シーズンの出場資格が与えられるが、順位によって異なる。

日本ツアー[編集]

日本ゴルフツアー機構(JGTO)では、ツアートーナメント及びチャレンジトーナメントの出場権を争う競技としてQTを実施しており、そこでの成績に応じて、来年度のツアーに出場できる試合が確定する。

概要[編集]

  • ファーストQT(1次予選、3ラウンドの54ホール)は、7月から8月にかけて全国各地で開催される。各会場につき100名程度出場し、上位選手(出場選手総数によって勝ち抜き者数が異なる)がセカンドQT(2次予選)に進める。
  • セカンドQT(2次予選、4ラウンドの72ホール)は、8月から10月にファーストQTの勝ち抜き選手に加え、過去のサードQT(3次予選)までの出場者、海外のプロツアーで活躍する選手で日本ツアーの出場資格を持っていない選手など総数1400名程度、1会場あたり110名程度が出場し、競技を行い上位選手(選出方法は前述と同じ)がサードQTに進出できる。この時点で合格した選手には、最大5試合の主催推薦枠出場権利が与えられる。
  • サードQT(3次予選、4ラウンドの72ホール)は、10月から11月にセカンドQTの勝ち抜き選手、前年度のファイナルQT(最終予選)出場者、直近5年間のツアー競技優勝者、賞金シードを1年以上保有したことがある選手、その他オーストラリア、南アフリカ、アジアの各ツアーで賞金ランキング上位に入っている選手(ファイナルQTシード保有者は除く)で出場意思のある者、チャレンジツアーの前年度賞金上位者で当該年度の前半戦シード(リランキング)の上位選手ら総数600名程度、1会場あたり 100名程度が出場する。成績上位選手(選出方法は前述と同じ)がファイナルQTの出場資格を獲得できる。
  • ファイナルQT(最終予選、予選4ラウンド、決勝2ラウンドの108ホール)は、12月にサードQTの勝ち抜き選手、本年度の賞金ランキングによるシードから脱落した選手(シード落ち)、チャレンジ競技の上位選手の中から1年間シード獲得者以外の翌年度の前半戦シード(リランキング)を得ている選手、その他海外ツアーの賞金ランキングで上位に入っており出場の意思がある選手など200名前後が出場して行われる。予選を4ラウンド72ホールで行い、上位90位タイまでの選手が決勝に進める。決勝は2ラウンド36ホールで、その成績に応じて来年度のツアーに出場できる試合が確定する。上位選手は概ねほぼ全試合に出場できる。

参考文献[編集]