クエスチョンタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クエスチョンタイム(英:Question Time)は、イギリスなどの議会における議事日程のひとつで、役職には就いていない議員が、首相閣僚に質問できる時間のことを指す。

概要[編集]

クエスチョンタイムでは与野党の議員が質問でき、応ずる首相等は答弁の義務を負う。与党議員からの質問は、概して政府の政策の長所を説明させ、政府の正しさをアピールするようなものになることが多い。一方、野党議員からの質問は政府を追及し、失政を認めさせたり、批判したりするようなものとなる。

イギリスにおける運用[編集]

イギリスにおけるクエスチョンタイムは、議会の開会中は毎日1時間が設定されており、首相への質問は少なくとも週に1度は行われる。

例 2008年10月13日(月)~16日(木)

  • 13日(月) - 14:30~15:30 児童・学校および家庭大臣への質問
  • 14日(火) - 14:30~15:30 コミュニティーおよび地方政府大臣への質問
  • 15日(水) - 11:30~12:00 北アイルランド大臣への質問。12:00~12:30 首相への質問
  • 16日(木) - 10:30~11:30 イノベーション・大学および職業技能大臣への質問

このうち、水曜のクエスチョンタイムの後半、12:00~12:30に行われる「首相への質問」が、いわゆる党首討論である。

このようにイギリスにおけるクエスチョンタイムは、党首討論と同義ではない。むしろクエスチョンタイムは、知名度のない議員が活躍する機会としての意味合いが大きい。党首討論はクエスチョンタイムの中の一部である。

また、あくまでクエスチョンタイムは「質問の時間」であり、「討論の時間」ではない。ゆえに議員が質問し、首相が答弁するのみである。その中でお互いが自らの政策をアピールしていくために、実質的には討論のような状況になる。

各国における運用[編集]

クエスチョンタイムは、イギリス、カナダオーストラリアニュージーランドなど、ウェストミンスター・システムの諸国で取り入れられている。またイギリスのクエスチョンタイムは、日本の党首討論のモデルとなった。