クェルシトリナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
quercitrinase
識別子
EC番号 3.2.1.66
CAS登録番号 37288-47-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

クェルシトリナーゼ(Quercitrinase,)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

クェルシトリン + 水 \rightleftharpoons L-ラムノース + クェルセチン


従って、この酵素の基質はクェルシトリンであり、生成物はL-ラムノースクェルセチンである。

この酵素は、加水分解酵素、特にO-またはS-グリコシル化合物を加水分解するグリコシダーゼに分類される。系統名は、クェルシトリン 3-L-ラムノヒドロラーゼ(Quercitrin 3-L-rhamnohydrolase)である。

この酵素は、アスペルギルス・フラブスで見られる[1]。また、ルチン代謝経路に関与している[2]

出典[編集]

  1. ^ EC 3.2.1.66 - quercitrinase”. Brenda, The Comprehensive Enzyme Information System. Technische Universitat Braunschweig. 2011年12月25日閲覧。
  2. ^ Tranchimand S, Brouant P, Iacazio G (November 2010). “The rutin catabolic pathway with special emphasis on quercetinase”. Biodegradation 21 (6): 833–59. doi:10.1007/s10532-010-9359-7. PMID 20419500. 

関連文献[編集]

  • Westlake DWS (1963). “Microbiological degradation of quercitrin”. Can. J. Microbiol. 9 (2): 211–220. doi:10.1139/m63-027.