クインテセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

物理学クインテセンス(quintessence)とは観測による膨張宇宙を説明するために仮定されたダークエネルギーの形式である。

部分的に宇宙定数問題について説明することが出来る。 いくつかの場合についてクインテセンスはファントムエネルギーの形となる。

エネルギーが物質や放射の形をとるときには、重力の引力のため宇宙の膨張を減速させる。逆にクインテセンスは重力による力が斥力となり宇宙膨張を加速させる。

クインテセンスは宇宙膨張の加速率を変え宇宙マイクロ波背景放射に影響を与えるので、WMAPプランク (人工衛星)などでそれらの効果が観測できるとされている。

外部リンク[編集]