クィントゥス・フルウィウス・フラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クィントゥス・フルウィウス・フラックスラテン語: Quintus Fulvius Flaccus)は、共和政ローマ元老院議員。

紀元前237年執政官を務め、北イタリアのガリア人と戦った。紀元前231年ケンソル、そして紀元前224年に再び執政官へ選出され、ケルト系のボイイ族Boii)の征服を行った。そして紀元前215年プラエトルに、紀元前213年にはマギステル・エクィトゥムに選出された。

紀元前212年に再び執政官に、そして第二次ポエニ戦争に参加、しかしカプアにてハンニバルに敗れた。紀元前211年にはプロコンスルとしてベネウェントゥムカルタゴ軍に雪辱は晴らし、大ハンノの野営地を攻撃、カプアを陥落させた。紀元前209年には四回目の執政官に、そして南イタリアのルカニア地方Lucania)とブルッティウム地方をローマ側に取り戻した。しかし、カルタゴの本拠地アフリカにローマ軍を上陸すべしとする若年ながら司令官として活躍していた元老院議員スキピオ・アフリカヌスの意見には反対の立場を取っていた。そしてスキピオが執政官となった紀元前205年から遠くない時期に没した。