クィルバック (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSQuillback.jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年6月27日[1]
進水: 1944年10月1日[1]
就役: 1944年12月29日[1]
1953年2月27日[1]
退役: 1952年4月[1]
1973年3月23日[1]
除籍: 1973年3月23日[1]
その後: 1974年3月21日にスクラップとして売却[1]
性能諸元
排水量: 建造時
1,570 トン(水上)[2]
2,414トン(水中)[2]
GUPPY II改装後
1,870 トン(水上)[3]
2,440トン(水中)[2]
全長: 建造時
311 ft 8 in (95.00 m)(全長)[2]
GUPPY II改装後
307 ft (93.6 m)(全長)[4]
全幅: 27 ft 4 in (8.33 m)[2][4]
吃水: 17 ft (5.2 m)(最大)[2][4]
機関: フェアバンクス=モース38D8-1/8型10気筒対向型ディーゼルエンジン4基[2][5]
エリオット・モーター2,740馬力発電機2基[2]
最大速: 建造時
水上:20.25 ノット (38 km/h)[6]
水中:8.75 ノット (16 km/h)[6]
GUPPY II改装後
水上:18 ノット (33.3 km/h)(最大)[3]
水中:9 ノット (16.7 km/h)(シュノーケル使用)[3]
航続距離: 建造時
11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[6]
GUPPY II改装後
15,000カイリ(10ノット時)
(20 km/h 時に 28,000 km)[4]
巡航期間 建造時
潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[6]
GUPPY II改装後
潜航4ノット (7 km/h) 時48時間[4]
試験深度: 400 ft (120 m)[6]
乗員: 建造時
士官10名、兵員71名[6]
GUPPY II改装後
士官15名、兵員70名[4]
兵装: 建造時
5インチ砲1基、40ミリ機関砲1基、20ミリ連装機銃1基、20ミリ単装機銃1基、50口径機銃4基[7]
21インチ魚雷発射管10基
GUPPY II改装後
21インチ魚雷発射管10基[4]

クィルバック (USS Quillback, SS-424) は、アメリカ海軍潜水艦テンチ級潜水艦の一隻。艦名はサッカー科の淡水魚クィルバックに因む。

艦歴[編集]

本艦は建造が認可された当初、艦名はトレンブラー (Trembler) と命名される予定であったが、1943年12月7日に変更された。クィルバックは1944年6月27日にメイン州キタリーポーツマス海軍造船所で起工した。1944年10月1日にJ・A・タイリー・ジュニア夫人によって命名され、1944年12月29日に艦長リチャード・P・ニコルソン少佐(アナポリス1937年組)の指揮下就役する。コネチカット州ニューロンドンでの訓練のかたわら、フロリダ州キーウェストでの兵站局英語版による実験プロジェクトに参加[8]。プロジェクト終了後、クィルバックは真珠湾に向けて出航し、5月1日に到着した[8]

哨戒[編集]

5月30日、クィルバックは最初の哨戒で日本近海に向かった。サイパン島までの道中はシルバーサイズ (USS Silversides, SS-236) 、レッドフィン (USS Redfin, SS-272) と各種訓練を行った[9]。6月11日にサイパン島タナパグ湾英語版に寄港し、翌12日にシルバーサイズ、カブリラ (USS Cabrilla, SS-288) と出航[10]豊後水道入口沖の島近海の哨区に到着した[11]。7月2日、クィルバックは北緯32度13分 東経133度12分 / 北緯32.217度 東経133.200度 / 32.217; 133.200の地点で魚雷艇と思われる艦船を発見し、砲撃で撃沈[12]。また、沿岸から0.5マイルの海上で一人のパイロットを救助した。7月24日、クィルバックは53日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した。

クィルバックは、2回目の哨戒に向けてアプラ港で整備中に終戦となった。

戦後[編集]

戦後のクィルバックは、平時任務としてニューロンドンで第2潜水戦隊に所属し活動した。1945年から51年まで潜水艦学校の訓練任務に従事し、海軍水中聴音研究所の実験任務を行う。1951年4月にニューロンドンを出航し、地中海での第6艦隊との任務に就く。クィルバックは1952年4月にポーツマス海軍造船所でGUPPY改修が行われた。

改修が完了するとクィルバックは1953年2月27日に再就役し、大西洋艦隊潜水艦部隊に合流する。クィルバックはキーウェストの第4潜水戦隊に配属された。グアンタナモ湾への何度かの巡航と沿岸での作戦活動を行い、クィルバックは駆逐艦対潜水艦戦部隊の艦隊訓練グループを支援した。1956年、57年、58年にクィルバックは北大西洋での大規模艦隊演習およびNATOの演習に参加した。

1959年に第12潜水戦隊へ転属となり、1960年にはサウスカロライナ州チャールストンで、攻撃能力向上のための広範囲オーバーホールが行われた。1961年10月に地中海へ展開し、1962年2月にキーウェストに帰還する。キーウェストでは5月から10月まで活動し、キューバ危機が発生するとグアンタナモ湾へ展開する。1963年はキーウェストで活動し、グアンタナモ湾での艦隊訓練グループの支援を行う。

クィルバックは1964年7月から6ヶ月地中海へ展開した。1965年には水雷研究開発プロジェクトの実験任務が割り当てられ6月まで同任務に従事、その後グアンタナモ湾に展開する。キーウェストでの作戦活動後、1967年8月から11月まで地中海に再び展開した。1968年と69年は大半をカリブ海での活動で過ごす。

クィルバックは1973年3月23日に除籍され、1974年3月21日に売却された。

クィルバックは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-424, USS QUILLBACK. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-424_quillback?mode=a_p. 
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 280-282. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • Friedman, Norman (1994). U.S. Submarines Since 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-260-9. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]