クィトラワク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cuitlahuac2.jpg

クィトラワクCuitláhuac, 1476年 ? - 1520年)は、アステカの第10代の君主。

スペイン人のエルナン・コルテスに都を占領され、時の国王モクテスマ2世を失ったアステカは、王の親戚に当たるクィトラワクを王に選んだ。だがスペイン人から持ち込まれた天然痘に倒れ、在位わずか80日で死亡した。

関連項目[編集]