ギ酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギ酸ナトリウム
ギ酸ナトリウム
分子式 HCOONa
分子量 68.01
CAS登録番号 [141-53-7]
密度 1.92 g/cm3,
融点 253 °C

ギ酸ナトリウム(Sodium formate)はギ酸ナトリウム塩で、吸湿性のある白色粉末である。

利用[編集]

ギ酸ナトリウムは繊維の染色や印刷の過程で用いられる。また鉱酸の保存用のバッファとしても使われる。

合成[編集]

ギ酸ナトリウムは実験室的には、ギ酸を炭酸ナトリウムで中和することにより得られる。またクロロホルム水酸化ナトリウムを反応させたり、

CHCl3 + 4NaOH → HCOONa + 3NaCl + 2H2O

水酸化ナトリウムと抱水クロラールを反応させることによっても得られる。クロロホルムの溶解度が低く、分別結晶化させやすいため、後者の方法の方が多く用いられる。

C2HCl3(OH)2 + NaOHCHCl3 + HCOONa + H2O

工業的には、160℃の加圧下で水酸化ナトリウムに一酸化炭素を吸収させて作られる。

CO + NaOH → HCOONa