ギ酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギ酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)
識別子
EC番号 1.2.2.1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ギ酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)(formate dehydrogenase (cytochrome))は、グリオキシル酸およびジカルボン酸代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ギ酸 + 2 フェリシトクロムb1 \rightleftharpoons CO2 + 2 フェロシトクロムb1 + 2 H+

反応式の通り、この酵素の基質はギ酸フェリシトクロムb1、生成物は二酸化炭素フェロシトクロムb1とH+である。

組織名はformate:ferricytochrome-b1 oxidoreductaseで、別名にformate dehydrogenase, formate:cytochrome b1 oxidoreductaseがある。

参考文献[編集]

  • Gale EF (1939). “Formic dehydrogenase of Bacterium coli: its inactivation by oxygen and its protection in the bacterial cell”. Biochem. J. 33: 1012–1027.