ギヴ・ミー・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギヴ・ミー・ラヴ
ジョージ・ハリスンシングル
収録アルバム リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
B面 ミス・オーデル
リリース 1973年5月7日 (USA)
ジャンル ロック
時間 3分36秒
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・ハリスン
チャート最高順位
ジョージ・ハリスン シングル 年表
バングラ・デッシュ
(1971年)
ギヴ・ミー・ラブ
(1973年)
ダーク・ホース
(1974年)
テンプレートを表示

ギヴ・ミー・ラブ」(Give Me Love (Give Me Peace on Earth))は、1973年5月7日に発売されたジョージ・ハリスンの楽曲である。日本では、1973年7月5日にリリースされた。

概要[編集]

アルバム『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』からのシングル。ポール・マッカートニー&ウイングスの「マイ・ラヴ」が4週連続全米1位を独走中、本作が5週目を阻止して、ジョージにとって2年半ぶりとなる『ビルボード』誌の1位を記録している。1973年度年間ランキングでは42位。また、『キャッシュボックス』誌では、2週連続第1位を獲得し、1973年度年間ランキング60位だった。ポールも、この曲を絶賛している[1]

2枚目のシングルとしてリリースが予定されていた「ドント・レット・ミー・ウェイト・トゥー・ロング」はリリース中止となったため、『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』からの唯一のシングル曲となっている。また、B面に収録された「ミス・オーデル」は、同アルバムには未収録だったが、2006年デジタルリマスター化にともなって、ボーナス・トラックとして追加収録されている。スペシャル・エディション盤では、ボーナスDVDに、この「ミス・オーデル」の笑い出さずにしっかりと歌いきっているヴァージョンが、中ジャケットの撮影風景のスライド・ショーを見ながら聴くことも出来る。

ジョージの死から1年後の2002年11月29日に行われた『コンサート・フォー・ジョージ』では、ジェフ・リンのリード・ヴォーカルにより演奏された。

収録曲[編集]

  • ギヴ・ミー・ラブ (Give Me Love)
  • ミス・オーデル (Miss O'dell)

カヴァー[編集]

  • マリーザ・モンチがライヴで取り上げ、アルバム『グレート・ノイズ』(1996年)にも収録。

脚注[編集]

  1. ^ 『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』日本盤CD(TOCP-70072)ライナーノーツ(斉藤早苗、葉山真)
先代:
ポール・マッカートニー&ウイングスマイ・ラヴ
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1973年6月30日
次代:
ビリー・プレストン「ラウンド・イン・サークルズ」