ギリシャ海軍艦艇一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギリシャ海軍艦艇一覧は、ギリシャ共和国海軍過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。

凡例

現有勢力(2014年現在)[1][編集]

  • 国防予算:76億2,000万ドル(+7億9,000万ドル)
  • 海軍人員:2万名
  • 艦船隻数:143隻(+54隻)
潜水艦×8
フリゲート×13(-1)
ミサイル艇×16
哨戒艇×16
戦車揚陸艦×5
揚陸艇×64(+58)
ホバークラフト揚陸艇×3
掃海艇×4(-3)
測量/調査艦×3
支援艦×2
補給/給油艦×5
輸送艦×2
灯台補給艦×2
  • 航空機数:21機(+11機)
艦載ヘリコプター×21(+11)
  • コースト・ガード:船艇93隻、航空機17機

目次へ移動する

艦艇一覧(近代海軍以前)[編集]

コルベット[編集]

帆走コルベット
  • プサラ (Psara)
  • スペツァイ (Spetsai)
  • イドラ (Hydra)

目次へ移動する


スループ[編集]

  • ヘラス (Hellas) - 1861年、12門

目次へ移動する


砲艦[編集]

機走
  • アフレーザ (Aphroësa) - ??年、??門
  • ナフプリオン (Nauplion) - ??年、??門
  • プリクサウラ (Plixavra) - ??年、??門
  • パラロス (Paralos) - ??年、??門
  • サラミニア (Salaminia) - ??年、??門
  • シロス (Syros) - ??年、??門
  • キッサ級 - 3隻
キッサ (Kissa) - 1884年、2門
キチラー (Kichle) - 1884年、2門
アエードーン (Aedon) - 1884年、2門

目次へ移動する

艦艇一覧(近代海軍)[編集]

主力艦[編集]

戦艦[編集]

草創期の戦艦
  • ヴァシリオ・ゲオルギオス (Basileos Georgios) - 1隻 ※ 中央砲門艦

準弩級戦艦レムノス
準弩級戦艦
※旧・米ミシシッピ級
キルキス (Kilkis) ※ 旧・『アイダホ (BB-24 Idaho)』
レムノス (Lemnos) ※ 旧・『ミシシッピ (BB-23 Mississippi)』

超弩級戦艦
※ ''建造中止:
ヴァシレフス・コンスタンチノス (Basileus Konstantinos)

1914年のギリシャ海軍の艦艇
海防戦艦
イドラ (Hydra)
スペツァイ (Spetsai)
プサラ (Psara)

目次へ移動する


水上戦闘艦[編集]

巡洋艦[編集]

「Nauarchos Miaoulis」
草創期の巡洋艦
  • ナウアルコス・ミアウリス (Nauarchos Miaoulis) - 1隻

防護巡洋艦
エリ (Helle)[3]

装甲巡洋艦
イェロギオフ・アヴェロフ (Giorgios Averoff)

軽巡洋艦
※ ''建造中止:
カトソニス (Katsonis)
コントゥリオティス (Kountouriotis)
エリ (Helle)

仮装巡洋艦特設巡洋艦
  • アクティオン (Aktion)[4] - 1隻
  • アドリアティコス (Adriaticos) - 1隻
  • ナクソス (Naxos) - 1隻
  • ヘルメス (Hermes)[5] - 1隻
  • キクノス (Kyknos) - 1隻
  • コンスタンティノ・ヴァシレウス (Constantinos Vasileus) - 1隻

目次へ移動する


駆逐艦[編集]

WWI 以前の駆逐艦
1915年にピレウス港で撮られたギリシャ駆逐艦。手前と奥の5本煙突の駆逐艦は就役時のエートス級、中央部の小型のものはドゥクサ級。
ドゥクサ (Doxa)
ヴェロス (Velos)
アスプ (Aspis)
ニキ (Niki)
  • テュエッラ級 - 4隻
テュエッラ (Thyella)
スフェンドニ (Sfendoni)
ナフクロトゥーサ (Nafkratousa)
ロンチ (Lonchi)
  • 旧・独『V-1』級 - 2隻
ケラヴノス (Keravnos) ※ 旧・『V-5』
ネア・ゲネア (Nea Genea) ※ 旧・『V-6』
エートス (Aetos)
レオン (Leon)
エラックス (Ierax)
パンテル (Panthir)

WWI 時の駆逐艦
クリティ (Kriti)
レスヴォス (Lesvos)
ヒオス (Chios)
サモス (Samos)
  • クリティ級 - 0隻(4隻建造中止[6]
※ ''建造中止:
クリティ (Kriti)
レスヴォス (Lesvos)
サモス (Samos)
ヒオス (Chios)
  • 旧・墺『Huszár』級 - 1隻
スミュルニ (Smyrni) ※ 旧・『ウラン (Ulan)』

大戦間の駆逐艦
イドラ (Hydra)
スペツァイ (Spetsai)
プサラ (Psara)
コンドゥリオティス (Condouriotis)

WWII 時の駆逐艦
ヴァシレフス・ゲオルギオス (Vasilefs Georgios)
ヴァシリッサ・オルガ (Vasilissa Olga)
アドリアス (Adrias) ※ 旧・『ボーダー (HMS Border)』
アドリアス (Adrias) ※ 旧・『タナトサイド (HMS Tanatside)』
カナリス (Kanaris) ※ 旧・『ハザーリー (HMS Hatherleigh)』
ミャオウリス (Miaoulis) ※ 旧・『モドベリー (HMS Modbury)』
ピンドス (Pindos) ※ 旧・『ボールブローク (HMS Bolebroke)』
ヘイスティングス (Hastings) ※ 旧・『キャタリック (HMS Catterick)』

WWII 後の駆逐艦
ドクサ (D-20 Doxa) ※ 旧・『ラドロー (DD-438 Ludlow)』
ニキ (D-63 Niki) ※ 旧・『エバール (DD-430 Eberle)』
ヴェロス (D-16 Velos) ※ 旧・『チャレット (DD-581 Charrette)』
スフェンドニ (D-85 Sfendoni) ※ 旧・『オーリック (DD=569 Aulick)』
アスピス (D-06 Aspis) ※ 旧・『コナー (DD-582 Conner)』
ロンチ (D-56 Lonchi) ※ 旧・『ハル (DD-583 Hall)』
テュエッラ (D-22 Thyella) ※ 旧・『ブラッドフォード (DD-545 Bradford)』
ナヴァリノン (D-63 Navarinon) ※ 旧・『ブラウン (DD-546 Brown)』
テミストクレス (D-210 Themistoklis) ※ 旧・『フランク・ノックス (DD-742 Frank Knox)』
ミャオウリス (D-211 Miaoulis) ※ 旧・『イングラハム (DD-694 Ingraham)』
カナリス (D-212 Kanaris) ※ 旧・『スティッケル (DD-888 Stickell)』
コンドゥリオティス (D-213 Kountouriotis) ※ 旧・『ルパータス (DD-851 Rupertus)』
サクトゥリス (D-214 Sachtouris) ※ 旧・『アーノルド・J・イザベル (DD-869 Arnold J. Isbell)』
トンバジス (D-215 Tombazis) ※ 旧・『グーク (DD-783 Gurke)』
アポストリス (D-216 Apostolis) ※ 旧・『チャールズ・P・セシル (DD-835 Charles P. Cecil)』
クレエジス (D-217 Kriezis) ※ 旧・『マイルズ・C・フォックス (DD-829 Myles C. Fox)』
キモン (D-218 Kimon) ※ 旧・『セムズ (DDG-18 Semmes)』
ネアコス (D-219 Nearchos) ※ 旧・『ワッデル (DDG-24 Waddell)』
フォーミオン (D-220 Formion) ※ 旧・『ジョセフ・シュトラウス (DDG-16 Joseph Strauss)』
テミストクレス (D-221 Themistocles) ※ 旧・『バークレー (DDG-15 Berkeley)』

目次へ移動する


護衛駆逐艦[編集]

レオン (D-54 Leon) ※ 旧・『エルドリッジ (DE-173 Eldridge)』
パンテル (D-67 Panther) ※ 旧・『ガーフィールド・トーマス (DE-193 Garfield Thomas)』
エートス (D-01 Aetos) ※ 旧・『スレーター (DE-766 Slater)』
エラックス (D-31 Ierax) ※ 旧・『エバート (DE-768 Ebert)』

目次へ移動する


フリゲート[編集]

イピルス (F-456 Ipiros) ※ 旧・『コノール (FF-1056 Connole)』
トラキ (F-457 Thraki) ※ 旧・『トリップ (FF-1075 Trippe)』
マケドニア (F-458 Makedonia) ※ 旧・『ヴィリーランド (FF-1068 Vreeland)』
エリ (F-450 Elli)
リムノス (F-451 Limnos)
アドリアス (F-459 Adrias) ※ 旧・『カレンブルク』 (F808 Callenburgh)
アイガイオーン (F-460 Aegeon) ※ 旧・『バンケルト (F810 Banckert)』
ナヴァリノン (F-461 Navarinon) ※ 旧・『ヴァン・キンスベルケン (F809 Van Kinsbergen)』
コンドゥリオティス (F-462 Kountouriotis) ※ 旧・『コルテノール (F807 Kortenaer)』
ブブリナ (F-463 Bouboulina) ※ 旧・『ピーテル・フローリス (F826 Pieter Florisz)』
カナリス (F-464 Kanaris) ※ 旧・『ヤン・ヴァン・ブラケル (F825 Jan van Brakel)』
テミストクレス (F-465 Themistoklis) ※ 旧・『フィリップ・ヴァン・アルモンド (F823 Philips van Almonde)』
ニケフォロス・フォカス (F-466 Nikiforos Fokas) ※ 旧・『ブロイス・ヴァン・トレスロン (F824 Bloys van Treslong)』
イドラ (F-452 Hydra)
スペツァイ (F-453 Spetsai)
プサラ (F-454 Psara)
サラミス (F-455 Salamis)

目次へ移動する


コルベット[編集]

サクトゥリス (Sachtouris) ※ 旧・『ピオニー (HMS Peony,K40)』
アポストリス (Apostolis) ※ 旧・『ハイアシンス (HMS Hyacinth,K84)』
クレエジス (Kriezis) ※ 旧・『コレオプシス (HMS Coreopsis,K32)』
トンバジス (Tombazis) ※ 旧・『タマリスク (HMS Tamarisk,K216)』

目次へ移動する


潜水艦[編集]

通常動力型潜水艦[編集]

WWI までの潜水艦
  • ノルデンフェルト-1 (Nordenfelt-1) - 1隻
  • デルフィン級 - 2隻
デルフィン (Delfin)
クシフィアス (Xifias)
  • 『Laubeuf』型 - 0隻(2隻建造中止[7]
X[8]、PS[9]
  • 独『U-31』級 - 0隻(5隻購入中止)
※ ''購入中止:
U-33
U-34
U-35
U-36
U-37

WWII までの潜水艦
  • 『Schneider Laubeuf』型 - 2隻
カトソニス (Katsonis)
パパニコリス (Papanicolis)
  • 『Simonot』型 - 4隻
ネレウス (Nereus)
プロテウス (Proteus)
トリトン (Triton)
グラフコス (Glavkos)

WWII 以降の潜水艦
グラフコス (S-110Glavkos)
ニーレウス (S-111 Nireus)
トリトン (S-112 Triton)
プロテウス (S-113 Proteus)
ポセイドン (S-116 Poseidon)
アンフィトリティ (S-117 Amfitriti)
オケアノス (S-118 Okeanos)
ポントス (S-119 Pontos)
パパニコリス (S-120 Papanikolis)
建造中:
ピピノス (S-121 Pipinos)
マトロツォス (S-122 Matrozos)
カトソニス (S-123 Katsonis)

目次へ移動する


機雷戦艦艇[編集]

敷設艦艇[編集]

機雷敷設艦
  • モネンヴァシア級 - 3隻
モネンヴァシア (Monemvasia)
●● (Aigialla)
ナフプリア (Nauplia)
  • ●● (Korgialenios) - 1隻
  • ミコノス (Mykonos) - 1隻
  • パラロス (Paralos) - 1隻
  • プレイアス (Pleias) - 1隻

目次へ移動する


掃海艦艇[編集]

掃海艇
  • Y-1級 - 2隻 ※ Mine Sweeping Trawler
Y-1
Y-2

機雷掃討艇
エウロパ (M-62 Europa) ※ 旧・『バイスター (HMS Bicester,M36)』
カリスト (M-63 Kallisto) ※ 旧・『バークレー (HMS Berkeley,M40)』
カリプス (M-64 Kalypso) ※ 旧・『ハーロン (MHC-52 Heron)』

目次へ移動する


両用戦艦艇[編集]

揚陸艦艇[編集]

ドック型揚陸艦
ナフクロトゥーサ (L-153 Nafkratousa) ※ 旧・『フォート・マンダン (LSD-21 Fort Mandan)』

戦車揚陸艦
  • 旧・英『LST Mk.3級』 - 6隻
アヘロオス (Acheloos) ※ 旧『LST3503』
アリアクモン (Aliakmon) ※ 旧・『LST3002』
ピネイオス (Pineios) ※ 旧・『LST3506』
ストリモン (Strymon) ※ 旧・『LST3502』
アルペイオス (Alfeios) ※ 旧・『LST3020』
アクシオス (Axios) ※ 旧・『LST3007』
  • 旧・米『LST Mk.2』級 - 8隻
シロス (L-144 Syros) ※ 旧・『LST-325』
イカリア (L-154 Ikaria) ※ 旧・『ポッター・カウンティ (LST-1086 Potter County)』
ロードス (L-157 Rodos) ※ 旧・『ボウマン・カウンティ (LST-391 Bowman County)』
リムノス (L-158 Limnos) ※ 旧・『LST-36』
クリティ (L-171 Kriti) ※ 旧・『ページ・カウンティ (LST-1076 Page County)』
レスヴォス (L-172 Lesvos) ※ 旧・『ブーン・カウンティ (LST-389 Boone County)』
サモス (L-179 Samos) ※ 旧・『LST-33』
ヒオス (L-195 Chios) ※ 旧・『LST-35』
オイノウッサイ (L-104 Oinoussai) ※ 旧・『テレル・カウンティ (LST-1157 Terrell County)』
コス (L-116 Kos) ※ 旧・『ホイットフィールド・カウンティ (LST-1169 Whitfield County)』
ヒオス (L-173 Chios)
サモス (L-174 Samos)
イカリア (L-175 Ikaria)
レスヴォス (L-176 Lesvos)
ロードス (L-177 Rodos)

エア・クッション型揚陸艇
ケファリニア (L-180 Kefalonia)
イタキ (L-181 Ithaki) ※ 旧・烏『イヴァン・ボフーン (U421 Іван Богун)』
ケルキラ (L-182 Kerkyra) ※ 旧・烏『ホールリウカ (U423 орлiвка)』
ザキントス (L-183 Zakynthos)
ケルキラ (L-184 Kerkyra)

目次へ移動する


輸送艦艇[編集]

部隊輸送船
  • スファクテリア (Sfakteria) - 1隻
  • キオス (Khios)[10] - 1隻

目次へ移動する


哨戒艦艇[編集]

哨戒・警備艦艇[編集]

砲艦
  • サラミニア級 - 2隻
サラミニア (Salaminia)
シロス (Syros)
  • アクテオン級 - 2隻
アクテオン (Akteon)
アンバッキア (Ambbakia)
  • アケラオス級 - 4隻
アケラオス (Achelaos)
アルフェオス (Alpheos)
エウロタス (Eurotas)
ペネオス (Peneos)
トルミー (P-229 Tolmie) ※ 旧・『グリーン・ベイ (PG-101 Green Bay)』
オルミー (P-230 Ormi) ※ 旧・『ベーコン (PGM-99 Beacon)』
ニキ (P-62 Niki) ※ 旧名・『テティス (P-6052 Thetis)』
ドクサ (P-63 Doxa) ※ 旧名・『ナイアード (P-6054 Najade)』
エレフセリア (P-64 Eleftheria) ※ 旧名・『トリトン (P-6055 Triton)』
カルテリア (P-65 Karteria) ※ 旧名・『ヘルメス (P-6053 Hermes)』
アゴーン (P-66 Agon) ※ 旧名・『テセウス (P-6056 Theseus)』
アルマトロス (P-18 Armatolos)
ナヴマソス (P-19 Navmachos)
マキティス (P-266 Makhitis)
ニキフォロス (P-267 Nikiforos)
アイッティトス (P-268 Aittitos)
クラタイオス (P-269 Krataios)

水雷艇
水雷艇「ニコポリス(Nikopolis)」
  • デロス (Delos) - 1隻
  • サッフォー (Sappho) - 1隻
  • スフィンクス (Sphinx) - 1隻
  • イオニア (Ionia) - 1隻
  • アルファ級 - 4隻
アルファ (Alpha)
ベータ (Beta)
ガンマ (Gamma)
デルタ (Delta)
  • ヒオス級 - 6隻
ヒオス (Chios)
キプロス (Cyprus)
コス (Kos)
ミティリーニ (Mytelene)
ロードス (Rhodes)
サモス (Samos)
  • カリテア級 - 5隻
カリテア (Kalithea)
フェリニカ (Pherinika)
ペルセポネ (Persephone)
テルプシコレ (Terpsichore)
テルプシテア (Terpsithea)
  • ニコポリス (Nikopolis) - 1隻
  • アイグレ級 - 6隻
アイグレ (Aigli)
テティス (Thetis)
ダフニ (Dafni)
アレトゥーサ (Arethousa)
アルキオーニ (Alkyoni)
ドリス (Doris)
  • 『V-11』型 - 6隻
V-11
V-12
V-13
V-14
V-15
V-16
  • 旧・墺『Tb-82F』級 - 3隻
ペルガモス (Pergamos)[11]
プロウッサ (Proussa)[12]
パノルモス (Panormos) 旧・『94F』
  • 旧・墺艦 - 3隻
キジコス (Kyzikos)[13]
キオス (Kios)[14]
キドニア (Kidonia)[15]
  • 旧・土『Akhisar』級 - 2隻
タトイ (Tatoi) ※ 旧・『トカット(Tokat)』
ニコポリス (Nikopolis) ※ 旧・『アンタルヤ (Antalya)』

魚雷艇
カタイジス (P-197 Kataigis) ※ 旧・『ファルケ (P-6072 Falke)』
エスペロス (P-50 Esperos) ※ 旧・『ゼーアドラー (P-6068 Seeadler)』
ケンタヴロス (P-52 Kentavros) ※ 旧・『ハービヒト (P-6075 Habicht)』
サイクロン (P-53 Kyklon) ※ 旧・『グライフ (P-6071 Greif)』
ライラプス (P-54 Lailaps) ※ 旧・『コンドル (P-6070 Kondor)』
テュポン (P-56 Typhon) ※ 旧・『ガイアー (P-6073 Geier)』
スコルピオス (P-55 Skorpios) ※ 旧・『コルモラン (P-6077 Kormoran)』

哨戒艇
  • パナゴプロス級哨戒艇 - 2隻
パナゴプロス (P-70 Panagopoulos)
パナゴプロス (P-96 Panagopoulos)
  • デロス級救難哨戒艇 - 3隻
デロス (P-267 Delos)
クノッソス (P-268 Knosos)
リンドス (P-269 Lindos)

ミサイル艇
アニノス (P-14 Ypoploiarchos Anninos) ※ 旧名・『ナフシソイ (P-56 Nafsithoi)』
アリオティス (P-15 Ypoploiarchos Arliotis) ※ 旧名・『エフニキ (P-55 Evniki)』
コニディス (P-16 Ypoploiarchos Konidis) ※ 旧名・『キュモトイ (P-53 Kymothoi)』
バトシス (P-17 Ypoploiarchos Batsis) ※ 旧名・『カリプス (P-54 Kalypso)』
ラスコス (P-20 Laskos)
ブレスアス (P-21 Blessas)
ミコニオス (P-22 Mikonios)
トロウパキス (P-23 Troupakis)
カヴァロウディス (P-24 Kavaloudis)
コスタコス (P-25 Kostakos)
デジアニス (P-26 Degiannis)
クセノス (P-27 Xenos)
シミトゾポウロス (P-28 Simitzopoulos)
スタラキス (P-29 Starakis)
ロウセン (P-67 Roussen)
ダニオロス (P-68 Daniolos)
クリスタリデス (P-69 Krystallides)
グリゴロプロス (P-70 Grigoropoulos)
リッツォス (P-71 Ritsos)
ヴォトシス (P-72 Votsis) ※ 旧・『イルティス (P-6142 Iltis)』
ペゾポウロス (P-73 Pezopoulos) ※ 旧・『シュトルヒ (P-6152 Storch)』
ヴラハヴァス (P-74 Vlachavas) ※ 旧・『マルダー (P-6144 Marder)』
マリダキス (P-75 Maridakis) ※ 旧・『ハーヘル (P-6151 Häher)』
トーナス (P-76 Tournas) ※ 旧・『レオパルト (P-6145 Leopard)』
サキピス (P-77 Sakipis) ※ 旧・『ヤグアル (P-6147 Jaguar)』

目次へ移動する


補助艦艇[編集]

補給艦艇[編集]

補給艦
  • エルミス (A-373 Ermis) ※ 旧名・『ヘルメス (A-373 Hermes)』 ※ 後に情報収集艦へ変更 ※ 旧・独『オーカー (A-53 Oker)』

軽質油艦
アレトゥーサ (A-377 Arethousa) ※ 旧・『ナッチャウグ (AOG-54 Natchaug)』
アリアドネ (A-414 Ariadne) ※ 旧・『トンビグビー (AOG-11 Tombigbee)』

給炭艦
  • アイガイオーン (Aigaion)[16] - 1隻
  • レスボス (Lesbos)[17] - 1隻

給水艦
  • アヴラ (Avra) - 1隻

艦隊支援艦
  • エヴロス (A-415 Evros) - 1隻

目次へ移動する


支援艦艇[編集]

水雷母艦
  • カナリス (Kanaris) - 1隻

目次へ移動する


練習艦艇[編集]

練習艦
  • ナウアルコス・ミアウリス (Nauarkos Miaulis) - 1隻
  • アレス (Ares) - 1隻

目次へ移動する


その他[編集]

病院船
  • コンスタンティヌポリス (Constantinoupolis)[18] - 1隻

サルベージ
  • テネドス (Tenedos) - 1隻

ランチ・
  • 英『Admiralty』型 - 3隻
B-1
B-2
B-3

王室ヨット
  • アンフィトリテ (Amphitrite)[19] - 1隻

未分類
  • フロレンティア (Floentia) - 1隻
  • マリア・ソフィウ (Maria Sofiou) - 1隻

目次へ移動する

関連組織所属船艇[編集]

目次へ移動する

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の海軍 2014-2015」(海人社)より。排水量20t以上の艦艇をカウント。括弧内は2013-2014年版からの変動。
  2. ^ ドイツにより接収
  3. ^ 旧・艦『飛鴻(Fei-Hung)』(建造中)を購入
  4. ^ 旧・独敷設艦
  5. ^ 旧・独『アウグスト・ヴィルケ (August Wilke)』
  6. ^ 英海軍が購入
  7. ^ 仏海軍が接収
  8. ^ 『アマゾン(Amazone)』に
  9. ^ 『アンティゴネ(Antigone)』に
  10. ^ 旧・独運送船『マリー・ラファエル(Marie Raphael)』、後に『ヘパイストス(Hifaistos)』に
  11. ^ 旧・『95F』
  12. ^ 旧・『94F』
  13. ^ 旧・『98M』
  14. ^ 旧・『99M』
  15. ^ 旧・『100M』
  16. ^ 旧・独運送艦『ハーゲン(Hagen)』
  17. ^ 旧・独運送艦『アスガード(Asgard)』
  18. ^ 旧・独客船
  19. ^ 後に病院船に。

参考文献[編集]

  • 世界の艦船(海人社)各号、増刊各号
  • Combat Fleets of the World
  • Conway's All The World's FIGHTING SHIPS
1860-1905, 1906-1921
WWI , 1898, 1905-6, 1906-7, 1911, 1914, 1919, 1922, 1924, 1928, 1931
  • The War-Ships and Navies of the World 1880(Conway)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]