ギヨーム・テル (戦列艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Guillaume Tell PU5634.jpg
『ウィリアム・テルの捕獲』 ロバート・ドッド画
艦歴
進水: 1795年
捕獲: 1800年3月30日
性能諸元
排水量: 1,800 t
全長: 59.3 m
全幅: 15.3 m
喫水: 7.8 m
機関: 帆走
兵装: 全80門

36 ポンド砲 30 門
24 ポンド砲 32 門
12 ポンド砲 18 門
他36 ポンド榴弾砲 4 門

ギヨーム・テル(Guillaume Tell)[1]は、フランス海軍の80門トナン(Tonnant)級戦列艦ナイルの海戦1798年8月1日)において艦隊の壊滅から脱出したわずか2隻の戦列艦の1隻である。

ナイルの海戦の後、フリゲート戦隊の司令官であった海軍少将デニス・デクレは将旗をギヨーム・テルに移し、残存のフランス艦隊を率いてマルタに移動した。

1800年3月30日午後11時、デクレ少将座乗、ソルニエ艦長指揮のギヨーム・テルはトゥーロンに向けてマルタ港を出港した。ギヨーム・テルは午前11時55分にイギリス海軍のマルタ封鎖艦隊に発見され、12時30分から64門艦「ライオン」、36門フリゲート「ペネロピ」、80門艦「フードロイヤント」およびブリッグ「ヴィンセゴ(Vincego)」(ジョージ・ロング艦長)と交戦した。戦闘が始まって9時間後、ギヨーム・テルはマストを打ち倒され、砲の半数が使用不能となり、また乗員200名が死傷するにいたってついに降伏した。

捕獲後、イギリス海軍に編入され「マルタ(Malta)」と改名した。

注記[編集]

  1. ^ スイスの英雄ウィリアム・テルのフランス語読み

参加海戦[編集]

関連項目[編集]