ギョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

(ぎょう、業におおざと)は中国の歴史的地名。後趙冉魏前燕東魏北斉の各王朝の都となった。大部分は現在の河北省邯鄲市にあたり、河南省安陽市にまたがっている。

概要[編集]

春秋時代桓公が城塞都市を建設したのが始まりとされる。戦国時代にはに属し、『史記』で知られる西門豹が治め、黄河から運河を引く灌漑の大事業を行い大いに栄えた。紀元前239年に魏は鄴をに与えるが[1]、紀元前236年にの将軍王翦らが攻略して以降は秦の領地となる[2]

後漢末期から軍事的に重要となり、群雄のひとり袁紹の本拠地であったが、204年建安9年)に曹操が侵攻して拠点となり、後に曹操が魏公に任ぜられると魏の国都と定め、銅雀台などの壮麗な宮殿を造営した。魏帝国成立後は首都は洛陽に移ったが、その後もの主要都市として発展し、南北朝時代には再び国都になった。

北魏から分裂した東魏を建国させた高歓を都に定め、540年興和2年)頃に新しい宮殿が完成した。高歓の一族が建国した北斉でも引き続き都となった。

北斉が北周に滅ぼされたあと、580年大象2年)には尉遅迥が帝位を簒奪する勢いの楊堅に反抗して挙兵、に拠って抗戦したが敗北、その後、城は焼き払われた。

河北省に遺跡が残る。2.4km×1.7kmに及ぶ大城址であり、民国時代から調査されていたが、1983年に大規模な発掘調査が行なわれ、城壁や街路など当時の都市設計の概要が明らかになっている。全国重点文物保護単位。

脚注[編集]

  1. ^ 司馬遷史記』「趙世家」悼襄王六年
  2. ^ 司馬遷史記』「六国年表」