ギヤースッディーン・トゥグルク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギヤースッディーン・トゥグルク2世(?-1389年)は、トゥグルク朝の第4代スルタン(在位:1388年 - 1389年)。第3代スルタン・フィーローズ・シャー・トゥグルクの曾孫。

生涯[編集]

先代のスルタン・フィーローズ・シャー・トゥグルク死んだために即位したが、王朝内では貴族の反乱・自立が相次いだ。在位1年で廃され、跡を叔父のアブー・バクル・シャーが継いだ。

先代:
フィーローズ・シャー・トゥグルク
トゥグルク朝のスルタン
1388年 - 1389年
次代:
アブー・バクル・シャー