ギャレット・ビショフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャレット・ビショフ
ギャレット・ビショフの画像
プロフィール
リングネーム ギャレット・ビショフ
ジャクソン・ジェームズ
ニックネーム フューチャー・オブ・ザ・ビジネス
身長 183cm
体重 110kg
誕生日 1984年4月20日(29歳)
所属 TNA
デビュー 2010年11月
テンプレートを表示

ギャレット・ビショフGarett Bischoff1984年4月20日 - )、はアメリカ合衆国プロレスラー、元レフェリー。現在はTNAに所属している。

WCWWWETNAなどのメジャー団体でプロモーター、またはプロデューサーを務めているエリック・ビショフは父親である。

来歴[編集]

TNA(2010-)[編集]

2010年7月のTruning Pointでギャレットはイモータルレフェリージャクソン・ジェームズJackson James)のリングネームでTNAに初登場。10月のBound for Gloryではセミファイナルのスティングハルク・ホーガンの試合にもレフェリーとして登場。スティングのスコーピオン・デスロックが極まり、ゴングを要請したところリック・フレアーをはじめにイモータルのメンバーが介入、ギャレットはエリックに背後からスチール・チェアで叩かれ、イモータルから排除されてしまう。

11月10日にImpact Wrestlingでガンナーを相手にリングデビューする。17日にも対戦しピンフォールを奪い、12月上旬にガンナーと再戦してピンフォール勝ちを納めたが、試合後にガンナーにコンクリートの上でパイルドライバーを決められてしまい、負傷という名目でストーリーラインから離れる。

2012年1月のImpact Wrestlingでバックステージに登場し、TNAに復帰する。2月2日のImpact Wrestlingでギャレットのトレーナーにハルク・ホーガンがついた。12日のAgainst All Oddsでガンナーと対戦、ギャレットのコーナーにはホーガンが、ガンナーのコーナーにはエリック・ビショフがついていた。

3月8日のImpact Wrestlingのメインイベントでジェフ・ハーディーとのタッグでガンナー、カート・アングルと対戦して勝利している。

4月のLockdownでギャレットAJスタイルズオースチン・エイリースミスター・アンダーソンロブ・ヴァン・ダムとチームを組み、エリック・ビショフのチーム(ブリー・レイ、ガンナー、クリストファー・ダニエルズカザリアン)と対戦、ギャレットがエリックからピンフォールを奪い勝利し、エリックをTNAから(ストーリー上)追い出す。

5月になると初めてディーボンの保持するTNA TV王座へ挑戦するがロビー・Eロビー・Tの妨害を受け、ノー・コンテストになってしまう。ロビー・E、Tと対抗するためにディーボンと一時的に行動を共にするようになる。6月のSlammiversaryではディーボンとのタッグでロビー・E、Tと対戦して勝利している。8月にはディーボンとのタッグでクリストファー・ダニエルズとカザリアンのもつTNA世界タッグ・チーム王座に挑戦するようが敗北してしまう。ディーボンが8月末にTNA退団したこともあり、タッグは自然解散してしまう。

しかし、ディーボンはエイシズ・アンド・エイツAces & Eights)の一員として復帰していた。11月にカート・アングルとのタッグでディーボンとエイシズ・アンド・エイツのマスクマンと対戦し、残りのエイシズ・アンド・エイツのメンバーに介入されながらも勝利している。12月のFinal Resolutionでギャレットはアングル、サモア・ジョーウェス・ブリスコとチームを組み、ディーボン、DOCとエイシズ・アンド・エイツのマスクマン2人と対戦し勝利している。翌週にはブリスコとタッグを結成、ロビー・E、ロビー・Tから勝利している。

2013年に入るとブリスコと共にミスター・アンダーソンとカート・アングルの試合に乱入、アンダーソンを援護してヒールターン、同時に抗争していたエイシズ・アンド・エイツに加入する。

得意技[編集]

  • スナップメア・ドライバー
エイシズ・アンド・エイツ加入後のフィニッシャー

その他[編集]

  • モンタナという年下の妹がいる。
  • 2011年にギャレットはマリー・ジェーン・ファーガソンと結婚している。
  • TNAの中ではカート・アングルウェス・ブリスコ、ディーボンと仲がいい。