ギャレット・ハーディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギャレット・ハーディン(Garrett Hardin, 1915年4月21日 - 2003年9月14日)は、テキサス州ダラス出身のアメリカの生物学者である。1963年から1978年まで、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で生態学の教授を務めた。 1968年に共有地の悲劇サイエンス誌に投稿し、資源管理の必要性を問題提起した。 また、彼の「救命ボート上に生きる」で提唱された救命ボートの倫理は、反人道的であるとして批判を受けた。

2003年9月、62回目の結婚記念日の直後に、サンタバーバラの自宅で妻とともに自殺した。

外部リンク[編集]