ギャラント・メン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギャラント・メン』(英語原題:The Gallant Men)は、1962年から1963年にかけてアメリカABCにて放映された、第二次世界大戦を舞台にしたテレビ戦争映画である。製作はワーナー・ブラザーズテレビジョン。

概要[編集]

1944年イタリアサレルノ海岸に上陸したアメリカ陸軍第36歩兵師団の戦場での活躍と兵士たちの様々な葛藤を従軍記者コリン・ライトの視点で描く作品である。このコリン・ライトは沖縄で戦死した高名な従軍記者アーニー・パイルをモデルとしたといわれている。

1962年秋の新シーズンは、前年の「ベン・ケーシー」や「弁護士プレストン」などの医者や弁護士ものがスタートした反動で、動きのあるアクションものの新作が求められて西部劇がもはや暴力番組として批判される中で、戦争を題材として人間性を掘り下げて描く方針の下にテレビ戦争映画が2本スタートした。それが「コンバット」と「ギャラント・メン」であった。

独立プロのセルマー・プロが製作したコンバットは主演に強烈な個性俳優を持ってきたのに比べて、大手であるワーナーブラザース[1]はテレビシリーズで端役を演じていた俳優[2]を主演にして、いささか抒情的で地味な作風となり視聴率が不振で結局1シーズン26話の放送で終了した。

放送[編集]

アメリカでは1962年10月5日から1963年3月30日までアメリカABCにて全26話が放送された。日本では1963年2月から7月まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)にて放映された。

放送時間は、2月から3月までは金曜21:15 - 22:11だったが、4月以降は15分繰上り、金曜21:00 - 21:56となった。ただし全26話のうち、第18回「The Leathernecks」は未放映で日本放映は全25話である。

その他[編集]

レギュラーでピート・アンジェロ上等兵を演じたエディー・フォンティーンが歌う挿入歌「MY HEART BELONGS TO YOU」は「戦場の恋」という邦題で日本国内でもシングルレコードが発売されヒットし、日本ではフランク永井がカバーして、「ギャラント・メン」放送時もタイトルに使用されていた。また「Lesson For Lovers」のエピソードでも戦場の恋が効果的に歌われている。エディー・フォンティーンは当時ロカビリー歌手として音楽シーンでも活躍していたが、この「ギャラント・メン」のオーディションを受けアンジェロ役を射止めた。劇中では「スイート・ジョージア・ブラウン」や「ベビー・フェイス」など15曲以上を披露している。

キャスト[編集]

(カッコ内は日本語版吹き替え)

脚注[編集]

  1. ^ この作品にはワーナーの過去の戦争映画から多くの戦闘シーンが流用されていた。コンバットは独立プロの製作で戦闘場面は自前での撮影であった。
  2. ^ 主演のウィリアム・レイノルズとロバート・マッキーニは同じワーナー製作の「シャイアン」「ブロンコ」「マンハッタンスキャンダル」に単発出演し、マッキーニはそれ以外にも「ボナンザ」「ガンスモーク」「ペリーメイスン」「幌馬車隊」など脇役出演の多い俳優であった。ウィリアム・レイノルズはこの後に「The FBI」の後半のシリーズでレギュラー出演している。


NET 金曜21:15 - 22:11枠
前番組 番組名 次番組
ギャラント・メン
(1963年2月 - 3月)
ギャラント・メン
(21:00 - 21:56)
【15分繰上げ】
NETニュース
(21:56 - 22:00)
追跡者
(22:00 - 22:30)
NET系 金曜21時枠
ザ・リクエストショー
(20:45 - 21:15)
ギャラント・メン
(21:15 - 22:11)
ギャラント・メン
(1963年4月 - 7月)