ギャラクティックウォーリアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャラクティックウォーリアーズ
ジャンル アクションゲーム対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ(→コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ(→コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1-2人(対戦:設定変更で交互プレイにも対応)
稼働時期 1985年
システム基板 バブルシステム
テンプレートを表示

ギャラクティックウォーリアーズ』(Galactic Warriors)は、1985年に当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移行)から稼動されたアーケードアクションゲームである。

ツインビー』や『グラディウス』と同じバブルシステム上で動く。

概要[編集]

プレイヤーは装備する武器の異なる3体のロボット(後述)の中から1体を選びそれを操作し、各惑星にいる他のロボットを破壊する事が目的となる。操作は8方向レバーと攻撃、防御、武器選択の3つのボタンを使って行う。全6ステージで、中には無重力になるため独特の操作感覚となるステージもある。格闘ゲームの原型的要素を持つ作品。

音楽面ではBGMがしばしばテレビ番組などで流されたり、CD『コナミ・ゲーム・ミュージック Vol.2』(CD『KONAMI GM HITS FACTORY I』に再録)にてアレンジされたりしている。

二人プレイは筐体設定により、交互に対コンピュータ戦をプレイする協力プレイモードか、お互いが3体のプレイヤー用ロボットから1体を選んで戦う対人戦プレイモードにすることができ、後者の場合は操作キャラクターを選択する対戦型格闘ゲームの先駆けと言える。

自機[編集]

サムソン
剣士風のフォルムが特徴の機体。斬撃がメイン。2周目以降は槍も使用可能。
ポセイドン
手足を伸ばしての攻撃が特徴の機体。
ガイア
ほぼ完全に女性型の機体。胸からミサイルを発射し、2周目以降は膝からもミサイルが発射可能。

外部リンク[編集]