ギャチュンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャチュンカン
ギャチュンカン
標高 7,952 m
所在地 ネパールの旗 ネパール
中華人民共和国の旗 中国
位置 北緯28度05分53秒
東経86度44分32秒
座標: 北緯28度05分53秒 東経86度44分32秒
山系 ヒマラヤ山脈
初登頂 加藤幸彦安久一成1964年
ギャチュンカンの位置(ネパール内)
ギャチュンカン
ギャチュンカン
ギャチュンカンの位置(ネパール
ギャチュンカンの位置(アジア内)
ギャチュンカン
ギャチュンカン
ギャチュンカンの位置(アジア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ギャチュンカンネパール語: ग्याचुङ्काङ, 英語: Gyachung Kang)は、ネパールチベットにまたがり、ヒマラヤ山脈エベレストチョ・オユーとの間にある標高は7,952m。(7000m級の山の中では最も高い)。中国名は格仲康峰、百谷雪嶺。

概要[編集]

シェルパ語で「百の谷が集まる山」の意味。8,000 mに僅かに標高が足りず、またアプローチが長いため、周囲の8,000m峰と比べてあまり登られていない山である。同様の理由から、初登頂が日本人であったにも関わらず、あまり知られる山ではなかったが、2002年の山野井夫妻の雪崩からの生還と、それを元にした沢木耕太郎の著書によって、広く知られるようになった。

なお、後述の長野県岳連隊の初登頂は、極地法ながらも、当時の高所登山としては異例ながら、初登はボンベの不調により、無酸素によって成し遂げられている。

登頂史[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]