ギャスタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナダ > ブリティッシュコロンビア州 > バンクーバー

ギャスタウン(英語:Gastown)は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーにある「バンクーバー発祥の地」とも呼ばれる地区であり、ダウンタウンの北東部でバラード入り江に面した位置にある。ガスタウンとも表記される。

概要[編集]

ギャスタウンの蒸気時計

ギャスタウンは旅行客向けの複合ビジネスが盛んで、レストラン、ナイトクラブ、そして貧困と新しい高級住宅が混在する。加えて、法律事務所、建築などの専門事務所、コンピュータとインターネットビジネス、美術館、音楽スタジオと画廊、俳優と映画の学校などがある。

最も有名なランドマークは、キャンビー通りとウォーター通りの角に位置する蒸気時計である。年間行事ではバンクーバー国際ジャズ・フェスティバルや国際自転車レースが知られる。

歴史[編集]

ギャシーの銅像

ギャスタウンは当初、バンクーバーのダウンタウン中心部として栄え、イギリス人水兵の蒸気船船長で、1867年に初めてこの地域に酒場を開いた"ギャシー"・ジャック・デイトン (John Deighton) の名を由来とする。入植が始まってすぐ、ギャスタウンの町に製材所や港を開くことが決められ、バラード入り江の貿易と商業の要所として急速に発展した。また、木こりや漁師、船員などの人々にとっては休息の場でもあった。

1886年、町はバンクーバー市として設立された。奇しくも同年、バンクーバー大火 (Great Vancouver Fire) に合い、2つの建物を残して全焼した。地区はその後、完全に再建され、1930年代の世界恐慌までは活気に溢れ、新しいライフスタイルを発信する中心基地であった。その後、恐慌の煽りを受け町は大きく衰退し、1960年代までは忘れられた存在であった。

1960年代、ハイウェイの建設計画で近くのチャイナタウンとともに破壊されることが計画されたが、ギャスタウンの歴史と特徴ある建物が見直され、反対運動が展開された。1971年に州政府によって史跡に指定され、現在に至るまで歴史地区として保護されている。

治安[編集]

前述の通り、バンクーバーを代表する観光地ではあるものの、貧困者や路上生活者も多い。近年は賑わいを取り戻しており、夜間でもパブやナイトクラブに多くの人が集まるが、それでも油断は禁物である。2013年10月にも、女性が暴行を受ける事件が発生している。

ウォーターフロント駅前のコルドヴァ通りから斜めに分岐するウォーター通りがギャスタウンの中心であり、キャラル通りとの交差点でウォーター通りの名前が終わる。ここにギャシー・ジャックの銅像がある。また、コルドヴァ通りにも比較的商店が多く存在する。明るいうちは、このウォーター、キャラル、コルドヴァからなる三角形の区画を外れなければ、比較的安全ではあるが、夜間にはコルドヴァは人通りが少なくなる。

なお、コルドヴァの一本南のヘイスティングス通りは路上生活者のたまり場であり危険なため、立ち入ってはならない。しかしながら、ヘイスティングスの一本南のペンダー通りには有名な中山公園や中華門、サム・キー・ビルディングなどもあり、賑わっている。

外部リンク[編集]