ギプス室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギプス室(ギプスしつ)は、骨折や関節の疾患ギプス固定を行う時、義肢装具を作るための採型(さいけい)を行う時などに使用する部屋

義肢装具製作会社から専門の義肢装具士が来て、ここに常駐して、患者の義肢装具全般の業務を行っている所もある。(総合病院 など)

ギプス固定や採型ギプスの処置を行うため、ベッドや椅子、パイプ製のギプス巻き台等が配置されている。

関連項目[編集]