ギブソン (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギブソン
Gibson cocktail.jpg
基本情報
種別 ショートドリンク[1]
ベース ドライ・ジン
副材料 ドライ・ベルモット
度数 36度[2]
無色透明
詳細情報
作成技法 シェイク
装飾材料 カクテルオニオン
グラス カクテル・グラス
テンプレートを表示

ギブソン (Gibson) は、ジンベースのカクテル

由来[編集]

アメリカイラストレーターチャールズ・タナ・ギブソンCharles Dana Gibson)の名が由来とする説が強いとされる。もともと酒に弱かった彼がパーティーの会場でカクテル・グラスを入れさせ、そこにカクテルオニオンを飾ってあたかも酒を飲んでいるように見せかけたという逸話がある。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  1. ドライ・ジンとドライ・ベルモットをシェイクする。
  2. カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注ぐ。
  3. 最後にカクテルオニオンを飾って完成。

備考[編集]

  • シェイクではなく、ミキシング・グラスステアすることで作る場合もある。
  • マティーニとほぼ同じレシピだが、マティーニがオリーブを添えるのに対して、ギブソンはカクテルオニオンを用いる。また、マティーニは通常ステアであるのに対して、こちらは通常シェイクである[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桑名 伸佐 監修『カクテル・パーフェクトブック』p.36 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ 稲 保幸 著『色でひけるカクテル』p.167 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X