ギデオン・クライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギデオン・クラインGideon Klein, 1919年12月6日 - 1945年)は、チェコスロバキアユダヤ系作曲家プルジェロフ出身。早熟の楽才を示して、ピアノルゼーナ・クルジョナ (Růžena Kurzová) とヴィレーム・クルツに、作曲アロイス・ハーバに師事。

1941年ナチスによってテレージエンシュタット強制収容所に送致された。そこは、ヤナーチェク門下のパヴェル・ハースハンス・クラーサシェーンベルク門下のヴィクトル・ウルマンらがおり、(国際的な非難をかわすために)所内の芸術活動が推奨された数少ない収容所の一つであった。この時期に弦楽四重奏曲弦楽三重奏曲ピアノソナタを遺した。これらの作品は、響きにおいてアルバン・ベルクの作風を髣髴とさせる。

その後アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に、それから1944年10月にフュルステングルーベに移送された。翌年の、おそらく1月に他界。終戦まで生き抜くことができなかった。

クラインの作品はいくつかのレーベルから録音され、こんにちの好楽家がその作品、とりわけ1940年代の彼の作品の質の高さを評価することができるようになった。

日本人音楽家のうち、ヴァイオリニストの二村英仁やピアニストの志村泉は、その作品に影響を受けたことを認めて演奏でとり上げているほか、ピアニストの田隅靖子は、テレジン収容所に消えた音楽家の作品を録音している。

外部リンク[編集]