ギジツコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギジツコ
ギジツコ


紋章
ギジツコの位置(ポーランド内)
ギジツコ
ギジツコ
座標: 北緯54度2分24秒 東経21度45分32秒 / 北緯54.04000度 東経21.75889度 / 54.04000; 21.75889
ポーランドの旗 ポーランド
ヴァルミア=マズールィ県
ギジツコ郡
基礎自治体 ギジツコ(都市型自治体)
建設 1335年
町権 1612年
行政
 - 町長 ヨランタ・ピョトロフスカ
面積
 - 計 13.87km2 (5.4mi2)
最高部 142m (466ft)
最低部 116m (381ft)
人口 (2006年)
 - 計 29,667人
 - 人口密度 2,138.9人/km² (5,539.8人/mi²)
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
 - 夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 11-500
市外局番 +48 87
ナンバープレート NGI
ウェブサイト www.gizycko.pl

ギジツコポーランド語: Giżyckoドイツ語: LötzenDe-Lötzen.ogg レッツェン[ヘルプ/ファイル])、リトアニア語: Lėciusレーシウス)、旧称レツ (Lec))は、ポーランド北東部のヴァルミア=マズールィ県(旧 スワウキ県)に位置する町。人口は2004年の時点で2万9796人。ギジツコ郡の郡庁所在地である。

歴史[編集]

1340年にドイツ騎士団がマズーリ地方の湖に挟まれた地峡に城を築き、レッツェン(ポーランド語ではレツ)と名づけた。レッツェンはバルガ郡に属し、近くの入植地も紋章や印章の制定権を含んだ町権を取得し、1612年には全域がプロシア公領に入った。

伝説によると、聖人クヴェーアフルトのブルーノは1009年にスドヴィア人によってニェゴツィン湖で殺された。これを記念して、1909年には十字架がギジツコ近郊に建立された。

1701年にプロイセン王国となり、1773年には東プロイセンの一部となった。1709年から1710年にかけてペストが流行し、800人が犠牲となった。生き残った住民はたったの119人だった[1]。19世紀にはカルル・フリードリッヒ・シンケルの設計によるルーテル教会が町の中心部に建てられた。1871年にドイツ統一ドイツ帝国に入った。

1844年から1848年にかけ、マムリー湖(マウアセー湖)とニェゴツィン湖(レヴェンティンセー湖)の間の土地に要塞が築かれ、プロイセンのヘルマン・フォン・ボイエン軍事相にちなみボイエン要塞と名づけられた。19世紀中は最大で、かつ最も設備の整った要塞であった。1942年から1945年にかけてはラインハルト・ゲーレンの指揮下でドイツ軍事インテリジェンス・サービスの本部が置かれた。

ヴェルサイユ条約締結を受けて1920年7月11日に国際連盟の監視下で実施された東プロイセン国民投票では、99.97%(2万9378票)がドイツ残留を希望し、0.03%(9票)がポーランド移管を求めた。

1930年代、レッツェンにはケーニヒスベルク(現 カリーニングラード)に本部を置いた軍事1区の支部があり、軍事部隊が何隊か駐屯した。総統大本営「ヴォルフスシャンツェ」や陸軍総司令部もレッツェン近郊に置かれ、職員、工兵、警備兵が駐在した。今もギジツコの北およそ10kmのマウアーヴァルト地域に陸軍総司令部の掩体壕が残されている。

第二次世界大戦末期の1945年にソ連赤軍に占領され、戦後ポーランドに組み込まれた。戦時中も留まったドイツ人は西に追放された。19世紀に東プロイセン南部で福音派ルーテル教会の牧師を務め、ポーランド語とポーランド文化を大いに支えたマズーリ人民俗学者のグスタフ・ギゼヴィウシュにちなみ、1946年にギジツコと改称された。

人口の推移[2][編集]

年度 人口
1875年 4034人
1880年 4514人
1890年 5486人
1925年 1万552人
1933年 1万1847人
1939年 1万4000人
2006年 2万9667人

ゆかりの人物[編集]

  • フリッツ・ミルカウ(1838年-1918年) 文献収集家
  • アダルベルト・フォン・ヴィンクラー(1838年-1918年、ポーランド名:ヴォイツェフ・ケントジニンスキ) ドイツの血を引くポーランド活動家
  • ルドルフ・ナドルニー(1873年-1953年) 外交官
  • フランツ・フェンメルト(1879年-1954年) 出版業者
  • ホルスト・ガーラッヒ(1919年-1990年) ドイツ連邦議会欧州議会議員
  • ロタル・ガル(1936年-) 歴史家
  • ヤン・ブウハク(1876年-1950年) ポーランド写真界のパイオニア
  • マリア・パクルニス 女優
  • マテウシュ・クシュニェレヴィチュ 町長、ポーランド・バンディ連盟総裁[3]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kossert, Andreas (2006). Masuren. Ostpreußens vergessener Süden. Pantheon. ISBN 3570550060.  (ドイツ語)
    Kossert, Andreas (2004). Mazury, Zapomniane południe Prus Wschodnich. ISBN 83-7383-067-7.  (ポーランド語)
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]

外部リンク[編集]