ギジェルモ・バルガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギジェルモ・アバクク・バルガスGuillermo Habacuc Vargas1975年9月18日-)は、コスタリカ出身の美術家。男性。「アバクク(Habacuc)」とは、通称であり、旧約聖書預言者ハバククから取られている。

作品[編集]

野良犬を鎖につないで、餌を与えず3日間展示し、衰弱していく様子を見せるという作品である。同時にサンディニスタの歌を逆再生で流し、マリファナを焚いた。

この作品は、ナティビダ・カンダ(Natividad Canda)というニカラグアの男性へ捧げられた。この男性は、2005年11月、ある倉庫へ無断で侵入し、番犬2頭に噛み殺された。この事件に対し、世間はこの男性が殺された後に初めて同情したが、バルガスはこのことを批判し、「普段路上で餓死してゆく犬に対しては見ぬふりをするのに、展示場でそれを見せ付けられるととたんに同情する人々の偽善」を顕にした。

今後の活動[編集]

「eres lo que lees」によって、ホンジュラスで行われる「ホンジュラス中央アメリカ・ビエンナーレ2008」に参加する権利を与えられた。

批判[編集]

主にインターネット上で、「動物虐待だ」として、ホンジュラス中央アメリカ・ビエンナーレへの参加の取り止めを求める署名が展開されている。

外部リンク[編集]