ギガントフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギガントフィス Gigantophis
地質時代
第三紀暁新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓類 Diapsida
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ボア科 Boidae
: ギガントフィス属

ギガントフィス(Gigantophis)は、古第三紀に生息していた大蛇である。現在最大のヘビとされているティタノボアが発見されるまでは、世界最大のヘビであった。化石は部分的ではあるが、推定全長は12メートルに達すると見られている。

関連項目[編集]

参考文献および外部リンク[編集]