キーブルク (スイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーブルク
Kyburg
キーブルク -
スイスの旗 スイス キーブルクの市章
カントン チューリヒ州
プフェフィコーン区
北緯47度27分 東経8度45分 / 北緯47.450度 東経8.750度 / 47.450; 8.750座標: 北緯47度27分 東経8度45分 / 北緯47.450度 東経8.750度 / 47.450; 8.750
人口 419人 (2010年12月31日)[1]
- 人口密度 55 /km2 (143 /sq mi)
面積  7.63 km2 (2.95 sq mi)[2]
標高 640 m (2,100 ft)
郵便番号 8314
SFOS番号 0175
周囲 イルナウ=エフレーティコンヴァイスリンゲンヴィンタートゥールツェル
公式サイト www.kyburg.ch
SFSO統計
キーブルクの位置(スイス内)
キーブルク
キーブルク

キーブルク(Kyburg)は、スイスチューリヒ州プフェフィコーン区英語版にある基礎自治体

歴史[編集]

キーブルクは、1027年に「Chuigeburch」として最初に言及された[3]

地理[編集]

キーブルクとキーブルク城
  • 面積: 7.6 km2 (2.9 sq mi)
    • 農地: 31.9%
    • 森林: 61%
    • 居住地: 5.4% - 建物、道路
    • その他: 1.7% - 川、氷河、山[4]

1996年には、住居や建物が全面積の2.8%を占めており、交通・インフラは2.4%を占めていた[5]。その他の土地では、水域(川、湖)が1.5%を占める。2007年現在、土地の2.4%では何らかの構築を経ている[5]

村は、トス・ヴァレー英語版の、モラッセ英語版石の露頭の上に構築されている。町は、その名前を冠するキーブルク城英語版から見下ろすことができる。自治体には、エッテンハウゼン (Ettenhausen)と、BillikonやBrünggenの一部のハムレットを含んでいる。

人口動態[編集]

キーブルクには、2010年12月31日で419の人口がある[1]。2007年現在で、人口の7.4%は外国籍である。また、2008年現在で、49.6%が男性、50.4%が女性である。過去10年間で、人口は1.5%増加した。2000年現在、最も多くの人々 (98.5%) はドイツ語を話し、次いでセルビア・クロアチア語が0.5%、3番目に多いのはイタリア語で0.3%である。

2007年の選挙で、最多の票があったのは、47.4%のSVPである。次いで多いのが、16.6%のSPS、11.7%の緑の党、9.8%のFDP英語版

2000年現在の人口構成は、子供及びティーンエイジャー(0-19歳)が26.3%、大人(20-64歳)が64.4%、シニア(64歳以上)が9.3%である。スイスの国民は一般的に教育を十分に受けている。キーブルグでは、25-64歳の人口のうち約88.7%が、義務教育ではない高等学校、専門学校、大学を修了している。キーブルクには、150世帯がある[5]

キーブルクの失業率は1.23%で、2005年現在、25人が第一次産業で従事しており、約11の職種がある。また、第二次産業では173人が従事しており、3の職種がある。第三次産業では58人が従事しており、12の職種がある[4]。2007年現在、有職者の47.8%はフルタイムで、52.2%はパートタイムで働いている[5]

2008年現在、キーブルクには、66人のカトリック教徒、222人のプロテスタント教徒がいる。2000年国勢調査では、宗教はより細かいカテゴリに分類された。censusでは、64.6%がプロテスタントのいずれかを信仰しており、59.8%がスイス改宗派教会英語版、4.8%が他のプロテスタント教会に属する。また、17.7%はカトリックを信仰していた。残りの人口のうち、イスラム教徒は0%、その他の宗教には0.5%、宗教を持たない者が1.3%、無神論者あるいは不可知論者は15.4%であった[5]

下記は、歴史的な人口動態である[3]

人口
1634 148
1771 296
1850 374
1900 358
1950 386
2000 396

交通[編集]

チューリッヒSバーン英語版S26英語版の駅、センホーフ=キーブルク駅英語版がある。

出典[編集]

  1. ^ a b Canton of Zurich Statistical Office (ドイツ語) accessed 29 March 2011
  2. ^ Arealstatistik Standard - Gemeindedaten nach 4 Hauptbereichen
  3. ^ a b Kyburg in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland.
  4. ^ a b Swiss Federal Statistical Office accessed 11-Aug-2009
  5. ^ a b c d e Statistics Zurich (ドイツ語) accessed 4 August 2009

外部リンク[編集]