キース・パッカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キース・パッカード
生誕 1963年4月16日(51歳)
職業 プログラマ

キース・パッカード: Keith Packard1963年4月16日 - )は、 X Window System に関する業績で知られるアメリカのソフトウェア開発者

パッカードは、多数のX拡張の開発とXに関する技術文書の執筆で知られている。1980年代後半から MIT X Consortium でXの開発に深く関与するようになり、その後XFree86に参加し、現在は X.Org Foundation に関与している。

意見の相違からXFree86を追い出されたが(それが X.Org Serverフォークをもたらした)、現在は freedesktop.org での実験的Xサーバ実装のプロジェクトを主導し、同時にXの公式リファレンス実装も主導している。

2004年からDebianにも開発者として参加し、fontconfigなどの保守を行っている。

経歴[編集]

1986年、オレゴン州にある Reed College で数学の学士号を取得。1983年から1988年まで、テクトロニクスX端末UNIXワークステーションの開発に携わった。

その後、マサチューセッツ州ケンブリッジに移住し、マサチューセッツ工科大学の X Consortium で1988年から1992年まで働いた。そこで、X Window System のリファレンス実装の開発と標準化に関わった。当時はXのリリース責任者だった。

1992年、ポートランドに移り、Network Computing Devices でX端末とコンピュータグラフィックスの開発に携わった。

1999年から、ポートランドの自宅でSUSEXFree86を移植する作業を行った。

2001年から2005年まで、コンパック(後のヒューレット・パッカード)の Cambridge Research Labs に勤務した。

2006年8月からインテルで働いている。

パッカードが関与した他のソフトウェア[編集]

外部リンク[編集]