キン雲鵬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「靳雲鵬」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
靳雲鵬
Jin Yunpeng.jpg
プロフィール
出生: 1877年光緒3年)
死去: 1951年1月3日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国天津市
出身地: 清の旗 山東省兗州府鄒県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 靳雲鵬
簡体字 靳云鹏
拼音 Jìn Yúnpéng
通用拼音 Jìn Yúnpéng
注音符号 ㄐ|ㄣˋ ㄩㄣˊ ㄆㄥˊ
注音二式 Jìn Yúnpéng
和名表記: きん うんほう
発音転記: ジン ユンポン
ラテン字 Chin Yün-p'eng
テンプレートを表示

靳 雲鵬(きん うんほう)は清末中華民国の軍人、政治家。北京政府安徽派の有力軍人で、段祺瑞配下の「四大金剛」の筆頭(他は徐樹錚呉光新傅良佐)とされる。後に国務総理も務めた。号は翼清。祖籍は山東省済寧州。弟に安徽派・直隷派の軍人である靳雲鶚

事跡[編集]

天津武備学堂を卒業し、1902年光緒28年)に北洋常備軍軍政司参謀処で提調として任用された。李経羲雲貴総督に任命されると、靳雲鵬も雲南省に赴任し、新軍督練公所総参議に任命された。1911年宣統3年)10月に武昌起義に呼応した昆明重九起義が勃発すると、靳は昆明から脱出し、逃走した。

1912年民国元年)に中華民国が成立すると、靳雲鵬は山東省で北洋陸軍第5師師長に任命された。その後、陸軍部次長に異動した。1913年(民国2年)、山東都督に就任する。1914年(民国3年)には泰武将軍位を授与され、督理山東軍務となっている。1915年(民国4年)12月に袁世凱が皇帝に即位すると、靳は一等伯爵に封じられた。1916年(民国5年)、果威将軍に封じられている。

同年6月に袁世凱が死去すると、靳雲鵬は段祺瑞配下の「四大金剛」の筆頭と目され、安徽派の有力幹部となった。1917年(民国6年)、日本へ軍事視察に訪問し、帰国後は参戦軍督練に任命された。1919年(民国8年)、国務総理兼陸軍総長に任命されたが、同じく「四大金剛」の徐樹錚と対立し、病気と称して辞職した。この経緯もあって、1920年(民国9年)7月の安直戦争で安徽派が敗北した後も、靳は国務総理に再任された。

1921年(民国10年)に辞職し、以後は天津のイギリス租界に移住して、日本との合弁会社を営むなど、経済活動に専念した。その後も、中国国民党日本から政治舞台への復帰を勧められたが、実際には応じていない。晩年は仏門に入り、中華人民共和国建国後も天津に留まっている。

1951年1月3日、天津で死去。享年75。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
周自斉
山東都督(署理)
1913年8月 - 1914年6月
次代:
(将軍に改称)
先代:
(都督から改称)
山東将軍
1914年6月 - 1916年5月
次代:
張懐芝
先代:
段芝貴
陸軍総長
1919年1月 - 1921年5月
次代:
蔡成勲
先代:
龔心湛
国務総理
1919年9月 - 1920年5月
(1919年11月まで代理)
次代:
薩鎮氷
先代:
薩鎮氷
国務総理
1920年8月 - 1921年12月
次代:
顔恵慶