キンタマーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中心部にはカルデラ湖であるキンタマーニ湖があり、観光スポットになっている。

キンタマーニ村(Desa Kintamani)は、インドネシア共和国バリ州バンリ県キンタマーニ郡の村。バリ島北東部に位置し、バリ島で有名な観光ポイントであるキンタマーニ高原キンタマーニ湖(バトゥール湖)を有する。

概要[編集]

キンタマーニ湖

キンタマーニはデンパサールから自動車で約2時間半ほどに位置する標高約1500mの高原であり、バリ有数の避暑地、リゾート地となっている。アバン山(2153m)、西にバトゥール山(1717m)など高山にかこまれ、自然豊かな環境にある。バトゥール湖は三日月形のカルデラ湖で、活火山であるバトゥール山のクレーターによりできたものである。湖畔には、かつてはブラ・バトゥール寺院がありバトゥール湖の女神であるデウィ・ウルンダヌが祀られていたが、その後のたび重なるバトゥール山の噴火地震で破壊、紛失された。バトゥール山は、1917年1926年に噴火した。湖畔には温泉も湧いている。外輪には、キンタマーニ、バトゥール、ペネロカンの村々がある。特にペネロカンは、観光スポットになっている。

語源[編集]

如意宝珠の梵名であるチンターマニ(cintaamaNi चिन्तामणि)を祖語とするが、日本語で男性器である金玉睾丸)に通じることから、エロマンガ島スケベニンゲンと同様に珍地名として取り上げられることがある。

その他[編集]

また、この地方原産の犬種としてキンタマーニ犬がある。

参考文献[編集]

座標: 南緯8度14分20秒 東経115度19分30秒 / 南緯8.239度 東経115.325度 / -8.239; 115.325