キンタイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤い部分がキンタイア

キンタイア英語:Kintyre、スコットランド・ゲール語:Cinn Tìre)は、スコットランド西部にある半島アーガイル・アンド・ビュートの南西部にある。南のマル・オブ・キンタイアから北のターバートまで地域は30マイル(48km)の長さにわたっている。半島部のすぐ北はナップデールの名で知られる。

キンタイアは南北に細長く、東西は11マイル(18km)以上の地点はないほど狭い。キンタイアの東側はキルブラナン水路があり、沿岸に丘陵地帯が続く。半島中央の背骨にあたる部分は、丘がちなムーアである。海岸地帯は後背地だが、肥沃で豊かである。キンタイアは長い間、アルスターからスコットランド西部へ移った初期スコッツ人ヴァイキング、2000年期の始まるちょうど前に征服し入植したノース人といった、入植者たちの大事な地方であった。

キンタイアの中心となる自治体は、18世紀半ばからロイヤル・バラとなっているキャンベルタウンである。地域経済は長い間漁業と農業に依存してきた。一方、キャンベルタウンは世界最高級のシングル・モルト・ウィスキーのいくつかの生産者として定評がある。

交通[編集]

  • 長距離バス - グラスゴーから2社の路線あり
  • バス - キンタイアを巡回するバスは1社のみ
  • 航空 - グラスゴー国際空港からキャンベルタウン空港の区間
  • フェリー - カレドニアン・マクブレイン社の路線がアラン島アイラ島などの間を周航している。