キンコウカ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンコウカ属
Narthecium asiaticum 2.JPG
キンコウカ(2008年8月 福島県田代山湿原
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: ヤマノイモ目 Dioscoreales
: キンコウカ科 Nartheciaceae
: キンコウカ属 Narthecium
学名
Narthecium Huds.
  • 本文参照

キンコウカ属(金光花属、金黄花属、学名:Narthecium )はキンコウカ科の一つ。かつてはユリ科に分類されていた。

特徴[編集]

多年草は根生し、形はアヤメのような剣状線形で、中脈に沿って表面が折りたたまれ、裏面が外側に現れる。総状花序で、花茎の上に花被片6枚の星型の黄色い花をつける。子房は上位で、種子の両端に尾がある。

北半球に約8種あり、日本には1種が分布する。

[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本I単子葉類』、1982年、平凡社
  • Narthecium - The Plant List