キング・オブ・コメディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キング・オブ・コメディ
The King of Comedy
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 ポール・D・ジマーマン
製作 アーノン・ミルチャン
製作総指揮 ロバート・グリーンハット
音楽 ロビー・ロバートソン
撮影 フレッド・シュラー
編集 セルマ・スクーンメイカー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年2月18日
日本の旗 1984年5月19日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,536,242[1]
テンプレートを表示

キング・オブ・コメディ』(原題:The King of Comedy)は、1982年制作のアメリカ映画。『タクシードライバー』の喜劇版とでもいうべきブラック・コメディ。

ストーリー[編集]

コメディアンを目指すルパート・パプキンは、有名コメディアン、ジェリー・ラングフォードを熱狂的ファンの群れから救い出し、強引にコネをつける。「今度事務所に自演テープを持って来い」と言われて、有頂天。もうスターになった気になり、昔から好きだった黒人女性リタにも接近するが……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

興行的にはそれほど成功しなかったが、映画人からの評価は高い。黒澤明ヴィム・ヴェンダース松田優作レオナルド・ディカプリオらが、この作品を愛している。松田優作は『ペントハウス』誌のインタビューでデ・ニーロについて「この映画を見る前までは手が届く存在だと思っていたが、これを見て脱帽した」と発言。

日本のお笑いタレントの間でも評価が高い。「キングオブコメディ」というお笑いコンビ名の由来はこの映画である。関根勤極楽とんぼの加藤、ココリコの田中などがこの作品のファンである。

アメリカ喜劇映画ベスト100』の500本の候補のなかにノミネートされた[2]

キャストに関する備考[編集]

  • バーンハート演じるストーカー女は当初、メリル・ストリープが想定されていた。
  • メアリー・エリザベス・マストラントニオのデビュー作になるはずだったが、彼女のシーンはカットされた。冒頭の群集シーンに一瞬だけ姿を見ることが出来る。その後、スコセッシ監督の『ハスラー2』のヒロインに抜擢された。
  • ルパートの母親を演じたのは監督の実の母親キャサリン・スコセッシ。彼女は他のスコセッシ監督の作品にも出演している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]