Kingsoft Internet Security

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kingsoft Internet Security
Gthumb.svg
開発元 中華人民共和国の旗 中国
キングソフト
最新版 2013 / 2012年10月23日
対応OS XP / Vista / 7 / 8
プラットフォーム x86
対応言語 英語、中国語、日本語、ベトナム語、タイ語
サポート状況  サポート電話問い合わせ対応
種別 インターネットセキュリティスイート
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト kingsoft.jp
テンプレートを表示

Kingsoft Internet Security(キングソフトインターネットセキュリティ、中国名:金山毒覇)とはキングソフト社(中国名:金山軟件有限公司)が提供するWindows専用の無料および低価格帯の総合セキュリティソフトである。本項では主に最新版のインターネットセキュリティスイート「Kingsoft Internet Security 2013」について解説する。



製品の概要[編集]

ウイルスパターンファイルをクラウド型サーバにて管理する、クラウドウイルススキャンを特徴とする。 一般的なウイルス検出方式であるパターンマッチングは、最新のコンピュータウイルスを検出するためにはユーザーが最新のウイルス定義ファイルをパソコン内にダウンロードする必要があり、次々と生まれる新種のウイルスへの対応にタイムラグが生じていた。 キングソフトの発表によるとこの技術によって95%の未知ファイルの安全性を1分以内で解析するとしており、新種ウイルスへの対応が格段にスピードアップした[1]。 また、一部のパターンファイルは従来通りローカルのパソコン側を置くことで、USB型などのオフラインでの感染の多いコンピュータウイルスにも対応した「ダブル防御」もセールスポイントして挙げられる。

2010年平成22年)8月実施のセキュリティソフトの評価機関であるAnti-Virus Comparativesの「パフォーマンステスト」において、Panda Internet Security 2011に次ぐ世界第2位の評価を得ており、日本国内で利用できる無料セキュリティソフトとしては、もっとも軽快とされる。 検出性能に関しては、既知ウイルス検出の認証テスト機関「Virus Bulletin 100% award (VB100)」などでの多くの受賞歴がある。一方で日本国内の未知ウイルスに対しての検出力が弱点とされているが、中国のコンピュータウイルスへの検出性能は非常に高いという見解もある。

「Kingsoft Internet Security 2013」は以下の2つのプログラムから成り立つ。

Kingsoft Anti-Virus 2013
ウイルス駆除ソフト。32bit版PCにインストールした場合は不要ファイルの削除などパソコンのメンテナンスを手軽に行える「ツールボックス」機能が含まれている。
KINGSOFT System Defender
ユーティリティソフトウェア。パソコンを最適化し、快適にパソコンを動作させることができる。不要なファイルやキャッシュなどを発見し最適化することによって、パソコンにかかる負荷を軽減する。そして、パソコンの環境を整え、動作不良などを未然に防ぐことができる。

製品の価格[編集]

広告付きの無料版と有料版がある。無料版の機能制限はなく、個人以外の商用利用も可能。また安全なPC利用環境を目指す社会貢献活動の一環として教育機関向けに有料版の無償提供も行っている。

価格は税込。

  • 無料広告版
    • スポンサー広告が表示される代わりに、ソフトウェア・更新料が無料。
    • 製品内容・機能は有料版と同じ。
    • 広告表示の無い有料版への移行も可能。
    • サポート電話問い合わせも対応している。
    • 商用利用も可能。
  • 有料版
    • シリアルは、すべてのバージョン、2006/2006+/2007/U/U SP1/2011/2012/2013で共通に利用できる。
    • 新製品へのアップグレード費用も無料。
      • 1年毎の更新版:980円
      • 無期限版:1980円
      • ソフトウェア・更新が無期限に行える。

製品の特徴[編集]

  • 有料版と、広告が表示される「無料広告版」がある。
  • 旧版の「Kingsoft Internet Security 2007」と「Kingsoft Internet Security Free」はシリアルの購入があるか無いかで、ソフトウェアの表記が変わる。「Kingsoft Internet Security U」「Kingsoft Internet Security 2011」「Kingsoft Internet Security 2012」「Kingsoft Internet Security 2013」では有料版と無料広告版ともに表記は同じである。
  • 980円/年という低価格と、1980円で無期限に利用可能な無期限版がある。
  • 他社の製品に比べてソフト自体のサイズが小さく、軽い。特に最新の「Kingsoft Internet Security 2013」のCPU使用率、メモリ使用量の少なさが特徴とされている。
  • 中国国内で流行したウイルスに強いとされている。
  • 日本国内で450万人、全世界では2000万人が利用しているという。
  • クラウド化によりほぼリアルタイムでのウイルスパターンファイルの更新が行われる。
  • 64BitOSに対応。

問題点[編集]

  • Windowsのリモートデスクトップ機能に対応していない。ほかのPCからリモート接続するとハングアップする。
  • Mac OSには未対応。

ステルスマーケティング騒動[編集]

キングソフトは、このソフトウェアの「ポジティブな評判形成」のために、著名人たちにステルスマーケティング(ステマ)ともとれるような協力の依頼をしていたことが、セキュリティ研究者の高木浩光により明らかになった。これは、高木がキングソフトから届いたメールを暴露したものである。内容は、「次期バージョンをリリースするタイミングでネット、ソーシャルでの良好な評判を形成したい」「ポジティブな評判形成に協力してほしい」「『無料セキュリティソフトって良いよね』、『無料の中ではキングソフトよいよね』といった論調にしていきたい」「執筆料金も相談に応じる」といったものであった。キングソフトでは、数十人の業界のオピニオンリーダーや著名ライターらに対して打診メールを送っていたことを認めているが、ステルスマーケティングの意図はなかったと弁明した。しかしネット上では騒動となり、ツイッターではキングソフト製品を褒めたたえるわざとらしいコメントが「#お金ください」「#振込待ってます」というハッシュタグ付きで多数ツイートされる騒ぎとなった[2]

歴史[編集]

2005年平成17年)

  • 9月14日 提供開始。大手数社の寡占状態では新規参入が難しいとの理由から、通常は6ヶ月の無償期間を1年に延長した特別版を100万本限定で提供した。

2006年(平成18年)

  • 2月13日 100万本に達成。
  • 5月17日 社会貢献の一環として、小中高学校の利用に対して無償提供を開始。
  • 12月31日 この日まで無期限版を1980円で販売を行った。通常は3980円。

2007年(平成19年)

  • 6月29日 3ユーザー用(ゼロバイスリー)を3,880円で提供開始。1ユーザー用無期限版(3,900円)の販売価格を2,980円に改訂。
  • 6月29日 - 7月15日 バージョン2007無期限版 1ユーザー用 ダウンロード版2,980円を1,980円の特別キャンペーン価格で販売。
  • 7月19日 2007を元にした従来の機能がすべて利用可能な無料版を提供。製品版と同じ機能が利用可能。ソフト上および更新完了時のポップアップ通知上に広告が表示される。広告が配信されることに抵抗のあるユーザーを考慮し、従来の製品版は継続して提供される。
  • 8月29日 2ちゃんねる検索(Find 2ch)にて「Kingsoft Internet Security free」のパートナー版を初めて提供。
  • 9月3日 2007で、従来の6ヶ月試用版の代わりに無料試用版が同梱されるようになった。
  • 10月1日 株式会社オプトリンクスが「KINGSOFT Internet Security free オプトメディア版」の配布を開始。

2008年(平成20年)

  • 4月22日 「Kingsoft Internet Security U」のベータ版を公開。
  • 6月2日 「Kingsoft Internet Security U」を公開。正式版の公開にあわせ価格体系を変更し無期限版を値下げ。
  • 6月30日 新種ウィルスの検体送付によるプレゼントサービスを終了。
  • 10月9日 「Kingsoft Internet Security 2006(+)」のアップデート及びサポートを終了。

2009年(平成21年)

  • 3月26日 「Kingsoft Internet Security U Service Pack 1」を公開。
  • 7月15日 「Kingsoft Internet Security U SP1 quick」を公開。

2010年(平成22年)

  • 7月8日 クラウドウイルススキャン技術を用いた新バージョン「Kingsoft Internet Security 2011」を公開。
  • 10月4日 広告の代わりに料理のレシピを表示する 「KINGSOFT Internet Security 2011×節約レシピ」を公開。
  • 10月6日 広告の代わりに女性向けの情報を表示する 「KINGSOFT InternetSecurity 2011 ジュエルVer」を公開。

2012年(平成24年)

  • 2月10日 「Kingsoft Internet Security 2012」を公開。
  • 10月23日 「Kingsoft Internet Security 2013」を公開。

2013年(平成25年)

  • 1月31日 「Kingsoft Internet Security U Service Pack 1」のアップデート及びサポートを終了。
  • 11月14日 「Kingsoft Internet Security 2014」を公開。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キングソフトニュースリリース http://info.kingsoft.jp/company/information/2010/07/20100708.html
  2. ^ キングソフト、ステマ依頼を否定、「ありのまま」執筆してもらう意図と釈明

外部リンク[編集]