キングストンタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キングストンタウン
英字表記 Kingston Town
品種 サラブレッド
性別 せん馬
毛色 青毛
生誕 1976年8月31日
死没 1991年3月22日
ブレッチングリー
エイダハンター
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 ウィディン・スタッド
馬主 D ヘインズ夫妻/G モンスバラ
調教師 トーマス・ジョン・スミス
競走成績
生涯成績 41戦30勝
獲得賞金 1,605,790オーストラリア・ドル
テンプレートを表示

キングストンタウン (Kingston Town) は、オーストラリア競走馬である。1979年から1982年にかけてオーストラリアの大レースを勝ちまくり、コックスプレート3連覇、AJCダービー、シドニーカップなどG1競走14勝をあげた。オーストラリア競馬の殿堂馬の一頭。

経歴[編集]

神経質な気性のためかデビュー戦では最下位に敗れたが、去勢を受けた2戦目から快進撃を始めた。以後は1980年代オセアニア最強馬と呼ばれるまでに成長していく。特に右回りは大の得意で、右回りとなるシドニー開催はデビュー戦こそ負けているものの、1982年のチェルムスフォードステークスで負けるまで一度も負けなかった。対して左回りはあまり得意ではなく、コックスプレートは3連覇を達成しているが、オセアニア最大のレースとされるメルボルンカップは1度も勝つことはできなかった。これは生まれつき足が曲がっていたためと言われている[誰によって?]

1983年にはアメリカ遠征を敢行したが、持病であった屈腱炎を悪化させてしまい結局一度も出走することなく引退した。この屈腱炎も足が曲がっていたため負担がかかってしまったのだろうと言われている[誰によって?]

引退後は数々の記念行事に参加するなど功労馬としての余生を送っていたが、1991年足の怪我が手の施しようがないほど悪化し安楽死の処置が執られた。

血統表[編集]

キングストンタウン血統スターキングダム系 / Hyperion5×5.5=9.38%)

Bletchingly
1970 黒鹿毛
Biscay
1965 栗毛
Star Kingdom Stardust
Impromptu
Magic Symbol Makarpura
Magic Wonder
Coogee
1959 鹿毛
Relic War Relic
Bridal Colors
Last Judgement Fair Trial
Faustina

Ada Hunter
1970 鹿毛
Andrea Mantegna
1961 鹿毛
Ribot Tenerani
Romanella
ANgela Rucellai Rockefella
Aristareta
Almah
1957
Alycidon Donatello
Aurora
Gradisca Goya
Phebe F-No.12-b

外部リンク[編集]