キンギンボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンギンボク
Lonicera morrowii 5.JPG
福島県会津地方 2010年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: スイカズラ属 Lonicera
: キンギンボク L. morrowii
学名
Lonicera morrowii A.Gray
和名
キンギンボク(金銀木)
英名
Morrow's honeysuckle

キンギンボク(金銀木、学名:Lonicera morrowii)はスイカズラ科スイカズラ属落葉低木。別名、ヒョウタンボク(瓢箪木)。

特徴[編集]

樹形は高さ2mになり、細かく分枝する。若いには短軟毛が密生し、は長さ2-5mmの葉柄をもって対生する。葉身は広楕円形から狭楕円形、ときに円形で、長さ1.5-5cm、幅0.8-3cm、葉の先端は鈍頭から円頭で凸端になる。葉の表面にはしわがあり、裏面には立軟毛が密生する。縁は全縁。

は4-6月に咲く。葉腋から長さ5-15mmになる花柄を出し、長さ3-5mmのをつけ、2花をつける。花冠はほぼ放射相称で、やや2唇状の5裂片に分かれ、裂片の長さは7-12mmになる。雄蕊は5本ある。果実は径6-8mmの球状の液果で7-9月に赤熟する。果実は有毒とされる。

花は、はじめ白いがのちに黄色くなり、一つの枝に白い花と黄色い花が入り混じることから、キンギンボク(金銀木)という。また、果実が2果くっつき瓢箪の果実に似ることから、ヒョウタンボク(瓢箪木)とも呼ばれる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道西南部、本州の東北地方および日本海側に分布し、山地や海岸に生育する。植栽されている場合もある。東アジアでは朝鮮の鬱陵島に分布する。

ギャラリー[編集]

赤熟する果実は有毒 

下位分類[編集]

  • キミノヒョウタンボク Lonicera morrowii A.Gray f. xanthocarpa (Nash) H.Hara

果実が黄色に熟す。

参考文献[編集]