キレンジャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キレンジャク
キレンジャク
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passerine
: レンジャク科 Bombycillidae
: レンジャク属 Bombycilla
: キレンジャク B. garrulus
学名
Bombycilla garrulus (Linnaeus, 1758)
和名
キレンジャク、黄連雀
英名
Bohemian Waxwing

キレンジャク黄連雀学名Bombycilla garrulus)は、スズメ目レンジャク科に分類される鳥類である。旭川市の「市の鳥」でもある。

キレンジャク

形態[編集]

全長約19.5cm。体はおもに赤みのある灰褐色で、頭部には冠羽がある。次列風切羽の先端部に、赤い蝋状の突起物があるのが特徴である。これは羽軸の先端と外弁の一部が変化したものとみられており、ヒレンジャクにはないが、キレンジャクのほかヒメレンジャクにも見られる。この蝋状の物質がレンジャク科の英名「ワックスウィング」(Waxwing) の由来である。

生態[編集]

平地や山地の林に生息し、おもに木の実を食べる。地上2~6mの枝の上に、小枝、枯草、蘚苔類で皿形の巣を作る。5~7月に卵を4~6個産み、雌が抱卵する。13~14日で雛鳥が生まれる。冬は10~30羽くらい、時にはヒレンジャクと混群をなし、100羽以上の群れを作ることもある。

分布[編集]

北半球寒帯に広く繁殖分布し、日本では冬鳥として見られるが、本州中部以北に多い。木の実を求めてどの程度南下するかは途中の木の実の量に影響され、またその年の木の実の豊凶によって繁殖数が変動する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

キレンジャクなどレンジャク族シブリー=アールキスト鳥類分類でも分類学上の位置は変わらない。ただし、レンジャク科には従来のレンジャクモドキ科、ヤシドリ科もそれぞれレンジャクモドキ族ヤシドリ族として統合されている。

シブリー・アールキスト鳥類分類
ヒタキ上科 Muscicapoidea
レンジャク科 Bombycillidae
レンジャク族 Bombycillini

脚注[編集]

  1. ^ BirdLife International (2004). Bombycilla garrulus. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 12 May 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「キレンジャク」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類