キルペリク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戴冠するキルペリク2世、8世紀の写本より

キルペリク2世(Chilperic II, 672年 - 721年2月13日)は、メロヴィング朝の12代目の国王(在位:715年 - 720年)。

キルデリク2世の息子で、幼名はダニエル。幼少期は修道院で過ごした。


先代:
ダゴベルト3世
フランク
12代
715年 - 721年
次代:
テウデリク4世