キルデベルト3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キルデベルト3世

キルデベルト3世(Childebert III, 683年 - 711年4月23日)は、メロヴィング朝の10代目の国王(在位:695年 - 711年)。670年に生まれたとする説もある。

テウデリク3世とクロチルダ(または、ドーダ)の子供。宮宰ピピン2世に操られていた。

697年にエドンヌと結婚し、699年にエドンヌはダゴベルト3世を産んだ。

先代:
クローヴィス4世
フランク
10代
695年 - 711年
次代:
ダゴベルト3世