キリル1世 (モスクワ総主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリル
モスクワ総主教
モスクワ総主教キリル1世。モスクワ総主教が用いるクーコリを着用し、パナギア、胸掛けイコン、胸掛け十字架を首から掛けている。
教会 ロシア正教会
主教区 モスクワ
着座 2009年2月1日
離任 現職
前任 アレクシイ2世
個人情報
本名 ウラディーミル・ミハイロヴィチ・グンヂャエフ
出生 1946年11月20日(67歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦レニングラード
テンプレートを表示

モスクワ総主教キリル1世ロシア語: Патриарх Кирилл1946年11月20日 - )は、サンクトペテルブルク出身の、モスクワ総主教

経歴[編集]

ウラディーミル・ミハイロヴィチ・グンヂャエフ(ロシア語: Владимир Михайлович Гундяев)として、1946年11月20日レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に生まれた。

1989年11月からロシア正教会渉外局長を務め、1991年にはスモレンスクとカリーニングラードの府主教に着座した。2009年2月1日にモスクワ総主教に着座。

2000年5月に、自治教会である日本正教会首座主教着座式のため、モスクワ総主教アレクシイ2世に随行して来日。2008年9月中旬には、ロシア正教会駐日ポドヴォリエの新聖堂成聖のために来日した[1][2]

2008年12月6日から、アレクシイ2世の永眠に伴い、総主教代行[3]を務め、2009年1月27日に、モスクワ総主教に選出された。但し2009年2月1日の正式な着座までは、正式には「総主教」ではなく「選出総主教(ロシア語: Наречённый Патриарх Московский, 英語: Patriarch-elect[4]」「府主教」と呼ばれていた。

2009年2月1日の着座式には、アレクサンドリア総主教セオドロス2世ポーランド正教会首座主教サワ府主教アルバニア正教会首座主教アナスタシオス大主教日本正教会首座主教ダニイル主代郁夫府主教など、世界各国から多くの主教・使節団が、陪祷・参祷した。

2012年平成24年)9月14日から18日にかけて、初代日本大主教聖ニコライの没後100周年を記念して来日した[5]9月15日仙台市を訪問し、東日本大震災の被災者を見舞った[6]

人物[編集]

2012年までに、上記の3回も含め、8回の来日経験がある[7]。1969年に初来日[7]したが、その際に和食に出会って以来の大の和食好きであり、「世界に数ある料理のなかでも私は未だに和食が圧倒的に好きだ」と述べている[7][8]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:正教時報2008年10月版(PDFファイル)
  2. ^ 出典:ニュース | 在日ロシア連邦大使館
  3. ^ "Locum tenens"は「総主教代理」と訳される事もあるが、性格の異なる"Exarch"(総主教代理…総主教の使節としての権限を持つほか、独自の教区も持つ高位主教)と紛らわしいため、本項では「総主教代行」の訳語を採用した。
  4. ^ 日本正教会にはこの役職についての定訳が無いため、本記事において直訳した。
  5. ^ (日本語) キリル総主教の日本訪問”. ロシアの声 (2012年9月11日). 2012年9月23日閲覧。
  6. ^ (日本語) ロシア正教総主教キリルが仙台の信者らを祝福”. ロシアの声 (2012年9月15日). 2012年9月23日閲覧。
  7. ^ a b c “Патриарх Кирилл сказал, что любит японскую кухню”. RIAノーボスチ. (2012年9月18日). http://ria.ru/society/20120918/753141144.html 2013年7月19日閲覧。 
  8. ^ “キリル総主教の告白、和食好き69年以来”. The Voice of Russia. (2012年9月19日). http://japanese.ruvr.ru/2012_09_19/88675842/ 2012年9月20日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
アレクシイ2世
モスクワ総主教
2009年 -
次代:
-