キリスト教社会党 (スイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キリスト教社会党(きりすときょうしゃかいとう、ドイツ語:Christlich-soziale Parteiフランス語:Parti chrétien-social)はスイス政党穏健左派キリスト教徒を支持基盤とするため、スイスキリスト教民主党よりは社会民主主義的とされる。党是は「社会的経済的弱者との連帯と環境保護」。

党勢[編集]

連邦レベルでは国民議会全州議会にそれぞれ1名の議員を擁し、州レベルでは主にヴァレーフリブールオプヴァルデン、そしてジュラといった、いずれもカトリックの影響が強いカントンに多くの選出議員がいる。国民院では会派「グリーンズ」に参加。

思想信条[編集]

キリスト教社会党は富裕層への課税などを掲げる中道左派政党であると同時に、環境保全にも力を入れている。また、中絶権利同性愛安楽死などを擁護するという点では、伝統的に保守的な他のキリスト教政党とは大きく異なる。

関連項目[編集]