キラー・エリート (1975年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キラー・エリート
The Killer Elite
監督 サム・ペキンパー
脚本 スターリング・シリファント
マーク・ノーマン
原作 ロバート・ロスタンド
製作 マーティン・バウム
アーサー・ルイス
製作総指揮 ヘルムート・ダンティーン
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 フィリップ・ラスロップ
編集 ガース・クレーヴン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年12月19日
日本の旗 1976年4月24日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

キラー・エリート』(The Killer Elite)とは、1975年アメリカ映画TBSの「月曜ロードショー」で放送された時のタイトルは『世界No.1の殺し屋がやってきた キラー・エリート』。


あらすじ[編集]

スタッフ[編集]


キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS
ロッケン ジェームズ・カーン 小林清志
ハンセン ロバート・デュヴァル 森川公也
ウェイバーン ギグ・ヤング 阪脩
コリス アーサー・ヒル 寺島幹夫
ミラー ボー・ホプキンス 小川真司
マック バート・ヤング 増岡弘
チャン マコ岩松 田中信夫
エイミー ケイティ・ヘフリン 森田育代
トミー ティアナ・アレクサンドラ 麻上洋子
役不明又はその他 緒方敏也
あずさ欣平
石井敏郎
亀井三郎
幹本雄之
郷里大輔
屋良有作
山田礼子
柳沢紀男
岡村悦男
翻訳 小林守夫
演出 進藤光太
調整 横路正信
効果 芦田公雄
録音 TFCスタジオ
選曲 重秀彦
TCF担当 安斉久司
プロデューサー 熊谷国雄
制作 東北新社
TBS
初回放送 1979年12月3日
月曜ロードショー

備考[編集]

 サム・ペキンパー監督によるシニカルな社会風刺映画だが、とりわけこの映画の評判はペキンパー作品の中でも低く、特に日本においては芳しくなかったという。『映画秘宝』のムックの中でもネタにされた程である。露骨な反日描写こそ無いものの、変な日本描写が原因で今でもこの映画に関する評価は低い。

 しかし、登場人物が飛行場でのカンフー乱闘シーンを「まるで茶番」と言う、終盤に登場する忍者の格好に対して主人公が「まるで坊主だ。変な格好だな」と皮肉るなど、監督自身もアジア描写がおかしいということを分かっているうえで、このような風刺的表現を選択したようである。終盤のチャンと忍者の首領との一騎打ちを代理戦争のカリカチュアとみれば、仇敵の死と「落後者」の説得によって社会の矛盾に気付き始めた主人公のチャン一行への冷たい視線も納得でき、冷戦期のアジア事情への白人の関わりをある程度戯画化しながら描きそこから政治風刺をするという作品のテーマにちゃんと沿った演出となっている。

  また、次作『戦争のはらわた』のオープニングとの類似を感じさせる、子供の歌とともに爆弾設置工事と鳥の巣をモンタージュした冒頭や、主人公と女性看護師との痛ましいナルシズムに満ちたロマンスや、全編を通じて流れる皮肉の利いたユーモア、主人公の相棒であるとともに同じくコムテッグ社のはみだしものの二人「狂犬」と「落後者」らの個性的なキャラクターなど、主人公がしがらみに満ちた社会に見切りをつけあてのない旅を始めるラストも含めて、風刺的描写を置いても十分に「ペキンパーらしさ」のある作品であり、結果的に風刺描写が不評を買ったとはいえ、決して手放しで馬鹿に出来る作品ではない。


ペキンパーのファンである青山真治はsight&sound誌でのオールタイムベストの内に本作を挙げ、黒沢清は自著『映像のカリスマ』において本作をペキンパーの代表作の一つとみなしている。

外部リンク[編集]