キュートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キュートン
メンバー 椿鬼奴
くまだまさし
増谷キートン
坂本雅仁(アホマイルド
高橋邦彦(アホマイルド)
しんじ
別名 謎の前衛集団(あらびき団)
結成年 2002年7月
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2002年 -
現在の活動状況 テレビ
芸種 パフォーマンス
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 あらびき団
テンプレートを表示

キュートン

  • 2002年に結成されたお笑いパフォーマンスユニット。本項で説明する。
  • 三菱重工業が製造販売する業務用給湯器の商品名。

キュートン(kyuton)は、2002年7月吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属の芸人で結成された、6名構成のお笑いユニット。また、ゴージャス村上が演出する同メンバーによるお笑いライブ

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • はいじぃ - ピン芸人。ユニット名の名付け親である。
  • ハンバーグ - 椿鬼奴が、かつて組んでいたコンビ「金星ゴールドスターズ」の相方。キュートンとしての活動は2回のみ。
  • 男子丼 - キュートンとしての活動は2回のみ。

その他のメンバー[編集]

来歴[編集]

  • 2002年7月 増谷キートンをリーダーとし、9名で結成。
  • その後、寿卒業(2組)など変遷を経て2004年頃、現在のメンバーとなる。
  • 2009年1月7日、あらびき団にユニットしてTV初出演。前衛的なパフォーマンスで、単独ライブのチケットが即日完売した。

その他[編集]

  • (英)タナカに加入を打診するも断られたことがある。
  • ライブで見せる芸はテレビでは見られないきわどいネタが満載である。下ネタも多いが、アホマイルド・高橋曰く「メンバーは一度もフリチンになったことはない。キュートンが誇れるのはどの劇団よりも局部を隠す技術が高いことである」と自負している[1]
  • 2010年に素人参加者によりオリジナルのポージング芸を競う「キュートン甲子園」が開催され、その模様は2010年7月13日の「夏休み直前 60分拡大SP」で放送された。
  • 2011年7月にはフランス・パリにて行われたJapan Expoにも出演した。

ポージング[編集]

キュートンのネタで最も人気の高い芸が、奇妙な設定の衣装や小道具(主に各メンバーの好きな武器)を身にまとい、音楽に乗せて様々なポーズや踊りを見せる前衛的なポージング芸である。「あらびき団」では「謎の前衛集団」と称され、度々このネタで出演している。

メンバーのキャラ設定[2][編集]

チャイナドレスを身にまとい、両手と口に刀を装備する。最近は何やら黄金騎士風の甲冑姿を見せることもある。
バドガール姿で、主に二丁拳銃装備。顔まで覆う全身タイツ姿の場合も有り。
  • くまだまさし・坂本雅仁 - 相撲ブラザーズ
まわし姿で、くまだはミニ熊手を両手に持つかベアークローを装備、坂本は槍や棒などの長物を装備。
  • 高橋邦彦 - SM将軍
女王様チックなアイマスクとハイレグ水着を身に付け、バズーカ砲やアサルトライフルなどの携行火器を装備。右腕に精神力で撃つ銃を付ける場合も。
  • しんじ - メールを打ってる人
よれよれのTシャツとジーンズを着用し、手にノートパソコンを持ってキーボードを叩いている。

ポージング芸に使用されている楽曲[編集]

偶然なのか主にソニー系のアーティスト・楽曲が比較的多いが、「リライト」「ETERNAL WIND(以下略)」の様にアニメソングも用いることもある。

「あらびき団」放送分
「キュートンDVD」収録分

出演[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビブロス2009年4月18日
  2. ^ あらびき団2009年6月3日

外部リンク[編集]

よしもとアール・アンド・シー/キュートン