キュウカンチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キュウカンチョウ
キュウカンチョウ
キュウカンチョウ Gracula religiosa
保全状況評価[a 1][a 2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ムクドリ科 Sturnidae
: キュウカンチョウ属 Gracula
: キュウカンチョウ G. religiosa
学名
Gracula religiosa Linnaeus, 1758
和名
キュウカンチョウ
英名
Common hill myna

キュウカンチョウ(九官鳥、Gracula religiosa)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ムクドリ科に分類される鳥類。

分布[編集]

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールフィリピンブータンブルネイベトナムマレーシアミャンマーラオス[a 2]

形態[編集]

全長30-40センチメートル。全身の羽衣は光沢のある黒。

嘴はオレンジ色。眼下部から後頭部にかけて黄色い肉垂れがある。

生態[編集]

Gracula religiosa

森林に生息する。小規模な群れを形成し生活する。様々な鳴き声をあげる。

食性は雑食で、果実昆虫などを食べる。

繁殖形態は卵生。樹洞などに巣を作り卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊や、ペット用の乱獲などにより生息数は減少している。

インコ同様、人語を発することができる鳥である。ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に春から夏にかけて雛が流通するが、繁殖技術が未だに確立されていないため流通している個体は全て野生個体である。基本的には単独で飼育される。主に竹やプラスチックでできた専用の鳥かごで飼育される。ケージ内は糞により不衛生になりやすいため、メンテナンスはこまめに行う。また個体も水浴びや日光浴を行い清潔にする。神経質なためケージは地面からの振動が伝わらず、人の姿の確認できる静かで暖かい場所に設置する。餌は鉄分を調整された専用の飼料や果実、サツマイモなどを与える。飼育下ではスペースの関係から肥満になりやすい傾向があるため注意する必要がある。

人や動物の声真似、鳴き真似が上手で音程や音色だけでなく声色も真似するので、物真似の対象が判別できるほど。声真似等ができるのは擬態の一種と見られ、インコ類と違い舌で発音するのではなく、鳴管から直接発音する。言葉を教える場合は日頃から色々と話しかけ、九官鳥が興味を示した言葉を目を合わせながら丁寧に語りかけると良い。

「九官鳥」の名の由来についてはひとつのエピソードが広く伝わっている。それによれば、江戸時代に九官と名乗る中国人がこの鳥を持ち込んだときに「この鳥は吾(われ)の名を言う」と説明したものが、誤って理解されたまま定着したものという記述が本朝食鑑などにあるという[1]

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、10頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、138頁。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Gracula religiosa. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.2.