キヤノン EOS-1D X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キヤノン EOS-1D X

キヤノン EOS-1D X(キヤノン イオスワンディー エックス[1])は、キヤノンデジタル一眼レフカメラである。

キヤノンのプロフェッショナルモデルは、「EOS-1D X」が開発されるまで、報道・スポーツ向け(連写性能優先タイプ)の「EOS-1Dシリーズ」と、スタジオ撮影向け(画素数優先タイプ)の「EOS-1Dsシリーズ」の2機種が開発・販売されていた。「EOS-1D X」の開発により一台でカバーすることが可能になるとし、EOSのうち「1Dシリーズ」と「1Dsシリーズ」は製造が打ち切られる[2][3]

特徴[編集]

  1. 撮像素子は、新開発した約1810万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載する。また35mmフルサイズセンサーとしては、ギャップレスマイクロレンズを初採用し、集光効率を高めている[1]
  2. 映像エンジンは、新開発した「DIGIC 5+」を2基装備した、「デュアルDIGIC 5+」を搭載する。「DIGIC 5+」は、「DIGIC 5」の約3倍の処理能力を持ち、「DIGIC 4」と「DIGIC 5+」を比べると約17倍の処理能力を持つ[1]
  3. AEセンサーは、新開発した10万画素のRGB測光センサーとAE専用の「DIGIC 4」を採用した「EOS iSA System[4]」を搭載する。
  4. 連続撮影速度は、AF/AE追従する「高速連続撮影」モードで最高約12コマ/秒である。「超高速連続撮影」モードでは、ミラーアップ・AF/AE非追従・JPEGのみと制限があるものの最高約14コマ/秒で撮影可能である。

主な仕様[編集]

基本仕様[編集]

撮像素子[編集]

  • 撮像素子形式:約36×24mm CMOSセンサー
  • カメラ部有効画素:約1810万画素
  • ホワイトバランス:オート、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、カスタムホワイトバランス(5件)、ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング可能

記録形式[編集]

  • 記録フォーマットDCF 2.0
  • 画像タイプ:JPEGRAW(14bit)[5]、RAW+JPEGラージ同時記録可能
  • 記録画素数
    • JPEG - L(約1790万(5184×3456)画素)、M1(約1420万(4608×3072)画素)、M2(約800万(3456×2304)画素)、S(約450万(2592×1728)画素)
    • RAW(14bit) - RAW(約1790万(5184×3456)画素)、M-RAW(約1010万(3888×2592)画素)、S-RAW(約450万(2592×1728)画素)
  • JPEG画質 10段階
  • 記録機能:標準、カード自動切り換え、振り分け、同一書き込み

ファインダー[編集]

  • ファインダー方式:ペンタプリズム使用、アイレベル式
  • 視野率:上下/左右とも約100%(アイポイント約20mm時)
  • 倍率:約0.76倍[6]
  • アイポイント:約20mm[7]
  • 視度調整範囲:約-3.0~+1.0m–1dpt
  • アイピースシャッター:内蔵
  • フォーカシングスクリーン:交換可能(レザーマットタイプ「フォーカシングスクリーンEc-CV」を標準装備)
  • AF作動表示:あり
  • グリッド表示:可能
  • 水準器表示
    • 水平方向:1°ステップ ±6°(横位置撮影時)
    • 垂直方向:1°ステップ ±4°(横位置撮影時)
  • ミラー:クイックリターン
  • 被写界深度確認:可能

オートフォーカス[編集]

  • 方式:TTL二次結像位相差検出方式
  • 測距点 61点(クロス測距点:最大41点)[8]
  • フォーカスモード:ワンショットAF、AIサーボAF、手動(MF)
  • 測距エリア選択モード:スポット1 点AF(任意選択)、1 点AF(任意選択)、領域拡大AF(任意選択上下左右)、領域拡大AF(任意選択周囲)、ゾーンAF(ゾーン任意選択)、61点自動選択AF
  • 測距点自動選択条件:EOS iTR[9] AFの設定による(色情報、顔情報を使用したAFが可能)
  • AF微調整:AFマイクロアジャストメントにより対応(全レンズ一律調整、レンズごとに調整)
  • AF補助光:EOS用外部ストロボのAF補助光による
  • The EOS-1DX was recalled by Canon for defective focusing based on defective parts in the 1DX mirror box

露出制御[編集]

  • 測光方式:252分割TTL開放測光「EOS iSA システム[4]
  • 測光モード:AFフレームに対応した評価測光・部分測光(中央部)・スポット測光(中央部、測距点連動、8回までのマルチスポット)・中央部重点平均測光
  • 露出制御方式:プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ
  • 常用ISO感度(推奨露光指数):ISO 100~51200任意設定(1/3、1段ステップ)
    • 拡張可能ISO感度:L(ISO 50相当)、H1(ISO 102400相当)、H2(ISO 204800相当)
  • ISOオート:設定可能(感度拡張は不可)
  • ISO感度関連設定:ISO感度設定範囲、ISOオート範囲、ISOオート低速限界設定可能
  • 露出補正
    • 手動:1/3、1/2段ステップ±5段
    • AEB:1/3、1/2段ステップ±3段(手動露出補正との併用可能)
  • AEロック
    • 自動:ワンショットAF・評価測光時、合焦と同時にAEロック
    • 手動:AEロックボタンによる
  • 露出基準微調整 AEマイクロアジャストメントにより対応

多重露出撮影[編集]

  • 撮影方法 機能・操作優先、連続撮影優先
  • 多重枚数:2〜9枚
  • 多重露出制御:加算、加算平均、比較(明)、比較(暗)

シャッター[編集]

ドライブ関係[編集]

  • ドライブモード:1枚撮影、高速連続撮影、低速連続撮影、セルフタイマー:10秒、セルフタイマー:2秒、1枚:静音動作、超高速連続撮影
  • 連続撮影速度:「超高速連続撮影」最高約14コマ/秒、「高速連続撮影」最高約12コマ/秒[10]、「低速連続撮影」最高約3コマ/秒
  • 連続撮影可能枚数:NA

ストロボ[編集]

  • 対応ストロボ:キヤノン製EXシリーズスピードライト
  • 調光方式:E–TTL II 自動調光
  • 外部ストロボ制御:可能
  • 内蔵ストロボ:非搭載

ライブビュー撮影機能[編集]

動画撮影機能[編集]

液晶モニター[編集]

  • 形式:TFT式カラー液晶モニター
  • 画面サイズ:ワイド3.2型(3:2)
  • ドット数:約104万ドット
  • 水準器表示
    • 水平方向:1°ステップ ±6°
    • 垂直方向:1°ステップ ±4°

再生機能[編集]

インターフェース[編集]

  • 映像/音声出力・デジタル端子:アナログ映像(NTSC、PAL対応)/ステレオ音声出力・パソコン通信、ダイレクトプリント(Hi-Speed USB相当)
  • HDMIミニ出力端子:タイプC(解像度自動切り換え)、CEC対応
  • 外部マイク入力端子:φ3.5mmステレオミニジャック
  • リモコン端子:リモートコントロールシステムN3タイプに対応
  • イーサーネット端子:RJ-45端子、ギガビットイーサーネット対応
  • 拡張システム端子:「ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6B」、「GPSレシーバー GP-E1」接続

電源[編集]

  • 使用電池:下記のキヤノン製バッテリーパックを1個使用
  • 電池情報:残容量、撮影回数、劣化度確認可能
  • AC:「ACアダプターキット ACK-E4」使用により可能
  • 撮影可能枚数(CIPA試験基準[11]による)
    • ファインダー撮影 - 常温(23℃) 約1,120枚/低温(0℃) 約860枚
    • ライブビュー撮影 - 常温(23℃) 約290枚/低温(0℃) 約250枚
  • 動画撮影可能時間(フル充電のバッテリーパックLP–E4N使用時)
    • 常温(23℃) 約2時間10分
    • 低温(0℃) 約2時間
  • 日付/時計機能用電池:リチウム電池 CR20251個使用

大きさ・質量[編集]

  • 大きさ(幅×高さ×奥行き):約158×163.6×82.7mm
  • 質量:約1340g(本体のみ)/約1530g(CIPAガイドライン[12]による)

動作環境[編集]

  • 使用可能温度:0〜+45℃
  • 使用可能湿度:85%以下

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 武石修 (2011年11月21日). “インタビュー:キヤノンに聞く「EOS-1D X」のハイエンド戦略 - デジカメWatch”. Impress Watch Corporation. 2011年11月22日閲覧。
  2. ^ EOS DIGITAL 新製品ニュース (PDF)”. キヤノン. pp. P.2 (2011年10月18日). 2011年10月20日閲覧。
  3. ^ 武石修 (2011年10月18日). “キヤノン、12コマ/秒・ISO204800のプロ向けフルサイズ機「EOS-1D X」 - デジカメWatch”. Impress Watch Corporation. 2011年10月20日閲覧。
  4. ^ a b EOS iSA システム - EOS Intelligent Subject Analysis System
  5. ^ RAW(14bit) - キヤノン独自
  6. ^ ファインダー倍率:約0.76倍 - 50mmレンズ・∞・-1m–1
  7. ^ アイポイント:約20mm - -1m–1時/接眼レンズ中心から
  8. ^ 使用レンズにより、測距点数、クロス測距点数が変動する。
  9. ^ iTR - Intelligent Tracking Recognition
  10. ^ ISO32000以上のときは、高速連続撮影時の連続撮影速度が最高約10コマ/秒
  11. ^ カメラ映像機器工業会ガイドライン「デジタルカメラの仕様に関するガイドライン(改訂版)」 (PDF)”. カメラ映像機器工業会 標準化委員会. pp. 49 (2012年). 2012年8月3日閲覧。
  12. ^ カメラ映像機器工業会ガイドライン「デジタルカメラの質量および寸法に関する測定法および表記法」 (PDF)”. カメラ映像機器工業会 標準化委員会. pp. 5 (2009年). 2012年8月3日閲覧。

参考文献[編集]

Canon EOS-1D X Product AdvisoryRetrieved 20 October 2013

関連項目[編集]

外部リンク[編集]