キヤノン A-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キヤノンA-1+モータードライブMA

キヤノンA-1は、1978年にキヤノンから発売されたマニュアルフォーカス一眼レフカメラである。

概要[編集]

A-1は、キヤノンAE-1の上級・高機能機種として発売された。5つのAEモードと全速電子シャッターが特徴である。

キヤノン初のマルチモード一眼レフで、速写性が高く実用的なプログラムAE、先進的な全電子制御機構が注目を集めた。モータードライブMAによる最高5コマ/秒の連写性能は、ハイアマチュア向け製品としては破格の性能であり、比較的高価であったにもかかわらず良好な売上を記録した。

反面、当時は全電子制御の一眼レフに一種の抵抗感も存在し、「電池が切れたらただの箱」として敬遠するむきもあった。また消費電力が多いことでも有名で、測光・シャッター制御用の高価な4SR44電池が2~3ヶ月で切れてしまうこともあった。

本機の導入時のカタログや広告には明らかにスター・ウォーズのイメージが無版権で採用されていた。

主要諸元[編集]

  • 形式:電子制御によるAE選択式,35mm横幕式フォーカルプレーンシャッター一眼レフ
  • 電源:4SR44または4LR44
  • 撮影モード:シャッタースピード優先AE・絞り優先AE・プログラムAE・ストロボAE・絞込み実絞りAE・手動撮影の6モード
  • 使用フィルム:135
  • 使用レンズ:キヤノンFDレンズ群(5モードAE撮影可能)・キヤノンFLレンズ群(絞込みAE可能)
  • レンズマウント:キヤノン式バヨネットマウント、FD・FL・R各レンズ取り付け可能
  • ファインダー:ペンタプリズム固定アイレベル式
  • ファインダー視野率:上下93.4%、左右95.3%
  • ファインダー倍率:0.83倍(50mmレンズ付無限遠時)
  • ファインダー視度:-1.0ジオプター
  • フォーカシングスクリーン:スプリットマイクロ距離計付が標準装備、交換スクリーン6種類あり
  • ファインダー情報:ファインダー視野外下部に全ての情報をデジタル表示する。シャッタースピード、絞り、不適正露出警告、バルブ表示、専用ストロボ使用時の充電完了表示、誤操作時エラー警告、手動時表示など。赤色LED使用
  • ファインダー情報の読み取り:シャッターボタン半押し、露出記憶スイッチ、露出読み取りスイッチを押すことによって可能
  • 情報の消去:表示スイッチにより消去可能
  • ファインダーアタッチメント:アングルファインダーA2/B・マグニファイヤーS・視度補正レンズ10種類・アイカップ
  • ミラー:ノンショッククイックリターン式
  • アイピースシャッター:組み込み
  • AE機構:電子制御方式、FDレンズの絞りリングマークをAマークに合わせ、モードセレクターとATダイヤルによりAE情報を入力する開放測光AEおよび実際に絞り込んだ場合のAE(Ⅰ²L採用のLSI3個、リニアーLSI1個、測光用Bi-MOS IC1個使用)フィルム感度と明るさに連動。
  • AEモード設定:モードセレクターによりシャッタースピード優先、および絞り優先AE切換えを行う。
  • 測光方式:接眼レンズ上部にシリコンフォトセル受光素子を設け、フルネルレンズにより採光処理をしたTTL中央重点測光
  • 使用フィルム感度:ASA(ISO)6~12800、1/3段シフト、目盛ロック機構付
  • 測光範囲:F1.4レンズ使用の場合、ASA100でEV-2~18(8秒F1.4~1/1000秒F16)
  • 露出補正:補正目盛による+-共に2段
  • AEロック:押しボタン式。記憶後に露出値変更可
  • 絞り込みレバー:折りたたみ式、FDレンズではAマークから解除後に絞り込む
  • 手動撮影:Aマーク解除による。シャッターと絞りの手動設定

主なオプション[編集]

関連項目[編集]