キャンベルタウン (スコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯55度25分23秒 西経5度36分29秒 / 北緯55.423度 西経5.608度 / 55.423; -5.608

キャンベルタウン (スコットランド)
英語: Campbeltown
スコットランド・ゲール語: Ceann Loch Chille Chiarain
スコットランド語: Cammeltoun
Campbeltown seafront.jpg
キャンベルタウン (スコットランド)の位置(アーガイル・アンド・ビュート内)
キャンベルタウン (スコットランド)
キャンベルタウン (スコットランド)

 アーガイル・アンド・ビュートにおけるキャンベルタウン (スコットランド)の位置
人口 5,144人 
英式座標 NR718203
カウンシル
エリア
アーガイル・アンド・ビュート
レフテナンシー
エリア
アーガイル・アンド・ビュート
構成国 スコットランドの旗 スコットランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 CAMPBELTOWN
警察 ストラトクライド
消防 ストラトクライド
救急医療 スコットランド
欧州議会 スコットランド
イギリス議会 Argyll and Bute
スコットランド議会 Argyll and Bute
都市一覧: イギリス • スコットランド •

キャンベルタウン(Campbeltown)は20世紀の初頭のスコッチウィスキー業界の中心地で、スコットランドの西側、キンタイア半島の先端付近に位置する。

概要[編集]

かつては、ウイスキー産業、漁業、造船、炭鉱に栄えていたキャンベルタウンであるが、現代ではそれらの産業は衰退してしまっている。人口は5144人(2001年)

ウイスキー[編集]

キャンベルタウンは最盛期には34もの蒸留所が存在し「世界のウイスキーの首都」と呼ばれる存在であった。キャンベルタウンは大西洋に向かう船舶の寄港地として栄えた。海上輸送を前提とした場合、北米からの航路の拠点である当地は、ウイスキーの生産地として好都合の立地であった。「ローランド・ハイランド・アイラ島」に並ぶ四大ウイスキー名産地の一つとして栄えたが、しかし、品質より量を重視した生産による失敗により、キャンベルタウンのウイスキーは粗悪品と見なされた事や、アメリカ合衆国での禁酒法と大恐慌の影響により、ほとんどの蒸留所は閉鎖された。現代では2軒の蒸留所が残るのみである。