キャンベラ (ボルチモア級重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Canberra (CA-70)
艦歴
発注 1940年7月1日
起工 1941年9月3日
進水 1943年4月19日
就役 1943年10月14日
退役 1970年2月2日
除籍 1978年7月31日
その後 1980年にスクラップとして廃棄
性能諸元
排水量 13,600 トン
全長 673 ft 5 in
全幅 70 ft 10 in
喫水 20 ft 6 in
機関 蒸気タービン, 4 615 psi boilers
最大速 33ノット
航続距離:
乗員 士官、兵員1,142名
兵装 8インチ砲9門、5インチ砲12門
搭載機 なし
モットー Ready for sea

キャンベラ (USS Canberra, CA-70) は、アメリカ海軍巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の3番艦。最初は「ピッツバーグ」と命名される予定だったが、1942年8月8日、9日の第一次ソロモン海戦で日本軍の攻撃により喪われたオーストラリアの重巡洋艦キャンベラ (HMAS Canberra, D33) に因んでキャンベラと命名された。

艦歴[編集]

キャンベラ ミサイル巡洋艦に改装され CAG-2 となった後の撮影

キャンベラはマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチールフォアリバー造船所1941年9月3日起工。1943年4月19日進水。10月14日竣工。

1944年6月、キャンベラは第58任務部隊に所属してマリアナ沖海戦に参加した。10月13日第38任務部隊に所属して台湾攻撃に参加中台湾沖航空戦に遭遇、日本軍の一式陸上攻撃機の雷撃により魚雷1本が命中して航行不能となり重巡洋艦ウィチタ (USS Wichita, CA-45) に曳航されて後退。ボストン海軍工廠で修理された。

1947年3月7日退役してワシントン州ブレマートンピュージェット・サウンド海軍工廠で保管艦となった。1952年ボストン級ミサイル巡洋艦の二番艦(CAG-2)となりニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で改装が開始された。

1956年6月15日再就役してヴァージニア州ノーフォークを母港とした。

1968年再び重巡洋艦 (CA-70) に類別変更され1970年2月2日退役。1978年7月31日除籍。1980年7月31日スクラップとして売却され解体された。

外部リンク[編集]