キャンベラ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Canberra Airport
Canberra International Airport
Canberra Airport terminal (5).jpg
IATA: CBRICAO: YSCB
概要
空港種別 公営
運営者 キャピタル空港グルーブ[1]
供給都市 Canberra
標高 1,886 ft / 575 m
座標 南緯35度18分25秒 東経149度11分42秒 / 南緯35.30694度 東経149.19500度 / -35.30694; 149.19500座標: 南緯35度18分25秒 東経149度11分42秒 / 南緯35.30694度 東経149.19500度 / -35.30694; 149.19500
ウェブサイト www.canberraairport.com.au
地図
YSCBの位置
YSCB
オーストラリア首都特別地域の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
17/35 3,283 10,771 舗装
12/30 1,679 5,509 舗装
統計 (2011)
搭乗者数 3,206,103
離発着回数 43,316
Sources: Australian AIP and aerodrome chart[2]
Passenger and aircraft movements from the Department of Infrastructure and Transport

キャンベラ国際空港(-こくさいくうこう、Canberra International Airport)はオーストラリア首都キャンベラの東部近郊に位置する空港である。建設地点が決定されてまもなく、1920年代に敷かれた古い滑走路から整備されてきた。

現在、同空港はオーストラリア首都特別地域を取り囲むニューサウスウェールズ州南部の主要な空港であり、オルベリーニューカッスルブリスベンゴールドコーストメルボルンアデレードパースにノンストップ便が就航している。カンタス航空は主にシドニーへのコードシェア便を提携会社に提供し、同空港の「国際」空港としての面目を守っている。国際チャーター便や国賓も時おり飛来する。2004年、フィジーへの定期便が短期間就航したことがあるが、現在は国際直行定期便はない。

現在、同空港はメルボルン空港およびシドニーのキングスフォード・スミス国際空港の気象条件により着陸が制限される場合の代替着陸地として利用されることがある。

同空港へのアクセス公共交通機関は、タクシーシャトルバスなどがある。

就航路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Capital Airport Group Pty Ltd, canberraairport.com.au
  2. ^ YSCB – Canberra (PDF). AIP Enroute Supplement from Airservices Australia, effective 11 Mar 2010., Aeronautical Chart

外部リンク[編集]