キャンプスフィールド・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャンプスフィールド・ハウスCampsfield House)は、イングランドオックスフォードに位置する民間運営の移住者収容所である。

概要[編集]


年表[編集]

  • 1993年11月、青少年収容所の施設を、移住者収容所として運営開始
  • 1997年、男性専用収容所として運営開始
  • 2005年6月22日、ジンバブエ人6名による3日間のハンガーストライキ
  • 2005年6月27日、3回の保釈申請却下後、トルコ人19歳男性は自殺
  • 2007年3月、暴動[1]
  • 2008年6月14日、火事[2]
  • 2008年8月、イラク・クルド人13名によるハンガーストライキ[3]
  • 2010年8月3日、100名によるハンガーストライキ


参照[編集]

  1. ^ Nine hurt in asylum centre riot BBC, 14 March 2007 アーカイブ (2011年1月31日) - WebCite
  2. ^ Crews sent to immigration centre BBC, 14 June 2008
  3. ^ Detainees go on hunger strike at Oxfordshire immigration centre アーカイブ (2011年1月31日) - WebCite

外部リンク[編集]


座標: 北緯51度49分33秒 西経01度18分39秒 / 北緯51.82583度 西経1.31083度 / 51.82583; -1.31083